« 【食事】 大阪食い道楽 お好み焼き編 | トップページ | 【食事】 大阪食い道楽 明石焼き編 »

2006年3月12日 (日)

【食事】 大阪食い道楽 どて焼き編

 お好み焼きを食べたあと、今度は、大阪駅のJRA付近にあるホルモン焼き屋へ入って一杯やる。
 こちらも完全に競馬客専属といった感じのお店。
 カウンターに腰を下ろして、まずはどて焼きと冷酒を頼む。

 どて焼きというのも、あまり関東では聞かない料理だが、牛スジを串に刺したものを味噌で煮込んだものである。おでんの牛スジが味噌で煮てあると考えれば良いだろう。
 味噌は白味噌が使用されることが多いようだが、この店は真っ赤っかの赤味噌仕立て。味噌の甘みからして白味噌とブレンドはしてあるだろうが、それにしても赤味噌の比率が多い。名古屋風というやつだろうか?
 この濃い味の味噌ダレの入った底の浅い鍋の中に、牛スジを刺した串を突っ込んで、延々と煮続けているのが、どて焼きである。
 味噌の味は良かったが、牛スジ自体の味は思ったより肉の旨味が少なかった。牛肉の缶詰みたいな味。
 煮込みとは違い、食感は歯ごたえがありコリコリしている。
 いわゆるB級グルメというやつなのだから、タレと食感が楽しめれば十分なのだろう。dote

 ついでに、牛スジのおでんも試してみたが、こちらは味噌が無いぶん、単純に満足度が少なかった。

 ところで、この店はどて焼きよりも、ホルモン焼きのほうが断然に美味しかった。
 串焼きではなく、モツを鉄板で焼いただけなのだが、モツが新鮮なのか臭みが無く、食感も絶品。
 モツの中に入っているレバー(と思われる)が、これまで経験したことの無い食感であった。レバーなのにボソボソしていなく、レバー臭さも無い。歯ごたえもくにゅくにゅと柔らかく、もしかするとレバーでは無いのかもしれないが、だとすればこれまで私が食べたことのない種類の臓物であった。
 これが発泡スチロールのトレーに乗って出されるところが、実に場末感がある。きっと洗うのが面倒なんだろうなぁ。
 ここのホルモン焼きは、大阪に行ったら、もう一度、食べに行きたいものである。

 そういえば、以前、私もどて焼きを作ったことがある。
 このときは面倒なので牛スジを串に刺さずに、味噌だれの中に牛スジを直接入れていた。それをホットプレートの鍋に入れて、みんなでお鍋のようにつつきながら食べた。
 なかなか好評であったのだが、食べ終わる頃になって友人のひとりが「美味しかったど、味が濃い」と文句を言った。よく見てみると、この友人の皿が妙に綺麗。
 どうやら、この友人は味噌だれまで飲んでいたようなのだ。
 いや、あんた……それゃあ、味が濃いだろうよ。ていうか、よく飲めたな、そんなもの。

|

« 【食事】 大阪食い道楽 お好み焼き編 | トップページ | 【食事】 大阪食い道楽 明石焼き編 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170413/9142066

この記事へのトラックバック一覧です: 【食事】 大阪食い道楽 どて焼き編:

« 【食事】 大阪食い道楽 お好み焼き編 | トップページ | 【食事】 大阪食い道楽 明石焼き編 »