« 【TRPG】 ブレイクアップ最終回を終えて | トップページ | 【食事】 日本酒らしい日本酒「神亀純米・搾りたて生酒」 »

2006年4月15日 (土)

【食事】 ブレイクアップ最終回呑み会

 ゲーム終了後、さっそく呑み会の席へ移動。
 新宿で呑むときには定番になっている「十徳」という居酒屋に行く。
 手頃な価格で各地のちょっと珍しい地酒が楽しめる優良店である。
 席に着いたら、すぐに珍味系をざっと注文する。
 イカの塩辛、イカの沖漬け、タコワサビ、そして酒盗のクリームチーズ和え。Photo_8
 ここの沖漬けはなかなか美味しく、日本酒にも良く合ってお気に入りである。
 だが、それよりも意外に美味しい珍味が酒盗のクリームチーズ和え。最初に聞いたときには、そりゃあ駄目だろと思ったが、これがとんでもない。酒盗とクリームチーズのふたつは、こうして出会うために生まれてきたのでは? と思うほど良く合う。
 若干残る酒盗の生臭さをクリームチーズが消し去り、クリームチーズの濃厚だがもったりとした味わいを酒盗の塩加減がきりっと締めてくれる。
 この料理は酒盗の瓶詰めとクリームチーズを買ってくれば、家でも簡単に再現できるので、もし嘘だと思うのなら試して貰いたい。ただし、食べるときは日本酒を用意しておくこと。そのときは、薫り高い吟醸などではなく、ボディの強めの酒が良いだろう。
 このあと、焼き鳥を食べる。ここの焼き鳥は小肉(首の肉)というのがあって、コリコリしていながらこってりと脂が乗っていて美味しい。友人には脂っこいらしかったが、私は平気。
 いつもならば、いろいろ味わいながら地酒を楽しむのだが、今回はTRPGキャンペーン最終回と、私の個人的なお祝いを兼ねていたので、とにかく「めでたい、めでたい」と上機嫌でくぃくぃと呑んでしまった。
 おかげで、いまいちどんな銘柄を呑んだか憶えていないぐらい。お恥ずかしい。
 写真に写っているのは、この店の企画である春の飲み比べということで「春のかすみ酒」「尾瀬の雪どけ」「春の淡雪」の三種類。どれも癖の無い酒で、くいっと二口ぐらいで呑んでしまったので、あまり印象は残っていない。
 あとはたしか「益荒男・純米生酒」を呑んで……そのあとはもう憶えていない。
 壁に貼ってあった季節のお奨め地酒を総当たりしたことは憶えているのだが……

 呑み会の話題としては、キャンペーンで印象に残ったシーンとNPCをプレイヤーひとりひとりに聞いていき、7ヶ月続いたゲームを楽しくふり返る。
 プレイヤー毎に思い入れのあるシーンやNPCが異なっていたが、ひとりが語るたびにワイワイとそのことについて盛り上がり、なかなか楽しい呑み会であった。

|

« 【TRPG】 ブレイクアップ最終回を終えて | トップページ | 【食事】 日本酒らしい日本酒「神亀純米・搾りたて生酒」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170413/9658422

この記事へのトラックバック一覧です: 【食事】 ブレイクアップ最終回呑み会:

« 【TRPG】 ブレイクアップ最終回を終えて | トップページ | 【食事】 日本酒らしい日本酒「神亀純米・搾りたて生酒」 »