« 【食事】 わさび醤油で「白銀の蒲鉾」 | トップページ | 【小説】 「神様のおきにいり2」が来月発売 »

2006年9月 9日 (土)

【食事】 焼きトンと豚刺し「みつぼ」

 先日、「時をかける少女」を観に行ったときに一杯ひっかけた池袋の「みつぼ」という店が気に入ったので、金曜日、友人たちと一緒に完全攻略をするべく赴く。
 19:00頃、一番混んでいるときに行ったせいかだいぶ並んでいる。しかも、四人で行ったので席がなかなか空かず、二人組の客がどんどん先に入っていく。やはりこのような店は大人数で行くものではないと実感させられた。
 結局、小一時間ぐらい並んでいた。二人で行けば30分ぐらいですんだと思うのだが。
 普段ならば、呑み屋で並ぶぐらいだったらすぐに別の店に行くのだが、今回はこの店を攻略するための集いであったので、これもこの店を分析するためのデータ取りであると我慢して並ぶ。
 ようやくテーブル席が空いたので、そこに陣取る。

Photo_51  まずは定番のモツ煮を注文。
 薄く味噌味をつけた、豆腐、大根、ゴボウなどの入った手堅い感じのモツ煮。やや脂っこく、モツの量が少ないのが残念。

 さて、本番の焼きトンである。
 まずはすべての種類を注文する(ふたつほど品切れだったが)。
 写真は、レバ、ハツ、タン、ナンコツ、カシラ、シロ、ガツ、コブクロ、キク、チレ、フア、バラの集合写真。
Photo_52  だいたいはどれがどれだかわかるのだが、どっちがフアとチレなのかいまいちわからなかったりする。
 キクというのは始めて食べた気がするが、こってりとした脂がありながら、やたらと柔らかくて噛みきれない。なんとも不可思議なモノであった。これから脂を取ったら、大阪で言うところの油かすになるのだろう。
 結局、全種類を食べてみたところ、やっぱりカシラが一番美味しいという、いつもの結論に落ち着く。
 我々の場合、普通の人なら数本食べて終了となるところを、何本も何本も、何本も! 食べるので、自然と一番美味しいモノだけを注文するようになってしまうのだ。
 味付けは、塩、タレ、味噌、醤油とある。
 塩はやや塩加減が薄め。ヘルシー路線を狙っているのだろうか? 下品な味付け上等な我々としては、これは物足りない。食卓にある塩を少しふりかけるとちょうど良いぐらい。
 タレは甘め。可も不可もなく。
 味噌は、味噌だれとかではなく、赤味噌がそのまま塗りたくってある。皿のふちにも味噌の塊がこんもりと……
 これはダイナミックで笑ってしまった。私は赤味噌で育った人間なので、なかなか好みの味である。
 醤油というのは想像がつかなかったが、店員さんによると生醤油をそのまま塗って焼くらしい。出てきたモノからは、磯辺焼きの匂いがする。甘めのタレとは対称的なさっぱり醤油味で、これも意外と美味しい。
 しかし、生醤油が美味しいと言われたら、タレを作っている人は立つ瀬がないような……

 そして、この店の人気メニューの豚刺しも注文する。
Photo_53  写真は刺身の盛り合わせ。
 レバ、コブクロ、ガツ、タン、ハツの刺身。ガツとコブクロは茹でてあるが。
 私は薬味が好きなのでニンニクとネギをがっつりつけて食べていたが、だんだん薬味の味が邪魔になってきた。
 香り付け程度にちょっとつけて食べた方が、生肉の甘みがわかって美味しいようだ。
 タン刺しがスモークタンのさらに柔らかいモノといった感じの味わいで、ちょっとお気に入り。普通の店の半額ぐらいで食べられるのも嬉しい。
 しかし、他の人はあまり刺身のほうはお気に召さなかったようだ。

 途中箸休めにいろいろと。
 中でもキャベツのざく切りは心が和む。丸いキャベツを1/6に切っただけのものに、マヨネーズがたっぷりついて出てくる。これをバリバリと手づかみで食べる。
 うーん、なぜ、こういう呑み屋のキャベツは美味しく感じるのだろうか?
 あと、意外な伏兵が焼きおにぎり。
 呑み屋で焼きおにぎりを頼むと、なんか上品なのか、貧相なのかわからない小さなモノが出てくるが、ここのお店は結構大きめ。
 呑んでいる最中に米を食べる習慣はないのだが、人が食べているのを見ていたら、なぜか妙に美味しそうに思えたので、自分も食べさせてもらう。焼きトンについていた味噌などをつけて食べると、これが美味い。
 自分の口の中が気づかないうちに、かなり脂っこくなっていたことに気づかされる。
 焼きおにぎりのおかげで口の中にリセットがかかって、もう1ラウンド、新たな気持ちで焼きトンを食べることができた。

 呑みのほうは、ずっとホッピーを頼んでいたが、このお店はナカの量にすごいばらつきがあって笑ってしまった。
 コップの3割ぐらい入っているときもあれば、7割ぐらい入っていてホッピーを入れる余地がないときさえある。以前の三福でも思ったことだが、なぜ焼きトン屋のホッピーのナカはこうも適当なのだろうか?
 まさか客の酒量を見て、気遣って量を調整をしているのとか!?

|

« 【食事】 わさび醤油で「白銀の蒲鉾」 | トップページ | 【小説】 「神様のおきにいり2」が来月発売 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170413/11832120

この記事へのトラックバック一覧です: 【食事】 焼きトンと豚刺し「みつぼ」:

« 【食事】 わさび醤油で「白銀の蒲鉾」 | トップページ | 【小説】 「神様のおきにいり2」が来月発売 »