« 【TRPG】 迷宮キングダムキャンペーン最終回 | トップページ | 【食事】 あんこうのドブ汁を「いさみ」 »

2006年12月 9日 (土)

【食事】 マグロと対決の「いさみ」

 月イチゲーム会の面子で恒例の呑み会。
 今年最後の集まりなので忘年会ということで、ちょっと豪勢に海鮮居酒屋「いさみ」へと向かう。
 狙いは今が旬のあんこう鍋である。
 めっきり冷え込みが厳しくなってきたので、ビールは飛ばして、いきなりぬる燗を注文。
 そして、おすすめメニューを見ると……おっと、ありましたよ。
 冬になったら食べたくなる食材で、なぜか縁の無くて食べていなかった、たらの白子ポン酢が。
Photo_88  ついでにあん肝も頼めば、完璧な前菜である。
 ここの白子とあん肝は、なかなか美味しい。
 白子はぷりっと濃厚ながら、口の中でさらっととろける。よくない白子はざらっと残ったり、ねとっとねばったりするものだが、ここのは絶妙。たぶん鮮度よりも、湯で加減が上手いのではないかと思われる。
 あん肝のほうは、十徳のモノよりも臭みが少なく、これまた美味しい。
 続いてやってきた、ホタテのもろみ味噌焼き。こちらはクーポンを持ってくるとひとり一枚サービスしてくれる。
Photo_86  甘いもろみ味噌と、ホタテの旨味が合わさって、もう酒が進む、進む!
 とてもサービスとは思えない一品である。
 さて、メインのあんこう鍋を前に中ボス登場。
 マグロの兜焼き。口に刺さっているフォークが、なんだか妙に可笑しい。
 マグロにしては小さいが、それでもいままで上品な食べ物が並んでいた食卓に置かれると迫力がある。いまいち写真では大きさが伝わらないかもしれないがフォークや付け合せのレモンの大きさから比較想像をしてもらいたい。たぶん子供が見たら泣きます。
 ちなみに半分に割ってあるので、半面は無い。
 猛烈なマグロ臭さに圧倒されつつも、どりゃあっと思い切って裏返して、肉を露出させる。
 その途端、みんなの手が伸びてきて……さあっ、Photo_87 解体ショーの始まりだぜ、ひゃっほうっ!
 私は頭頂部の身と、目の裏側にあるトロトロな部分(視神経?)をゲット。
 マグロ臭さに眠っていた野生の本能を呼び起こされたのか、みんな貪欲にマグロをバラバラにしていき、瞬く間に頭蓋骨だけに……
 味のほうは、まあマグロを焼いたモノ以上でも以下でもないのだが、やはり兜焼きを食べると妙に場が盛り上がる。もしかすると、外人がブタの丸焼きとか、七面鳥の丸焼きを食べたがるのも、同じ理由なのかも。
 マグロを食べ終えた我々は、ちょっと刺身などをつまみながら小休憩。
 今年のナンバー1ニュースとか、マイブームなどの発表をしていく。
 マグロの臭いと味が消えたところで、いよいよメインのあんこう鍋であるが――

〈つづく〉

|

« 【TRPG】 迷宮キングダムキャンペーン最終回 | トップページ | 【食事】 あんこうのドブ汁を「いさみ」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170413/13069884

この記事へのトラックバック一覧です: 【食事】 マグロと対決の「いさみ」:

« 【TRPG】 迷宮キングダムキャンペーン最終回 | トップページ | 【食事】 あんこうのドブ汁を「いさみ」 »