« 【食事】 ちゃんこ鍋と上げ底徳利 | トップページ | 【雑談】 カードゲームとかボードゲームとかいろいろ »

2007年4月28日 (土)

【食事】 「もちもちの木」にてつけ麺探求

 いま、つけ麺の可能性を追求するため、まずは評判の良い店でいろいろ食べてみることを繰り返している。
 この日は新宿の「もちもちの木」というラーメン屋。店名ブランドでカップラーメンを出したりしていて、ちょっとは名の知れたラーメン屋の新宿店。
 開店時間ぴったりに行くとすでに数人の行列が。とはいえ、店が開くと同時に全員入れたので問題なし。
 ただ、30分後には店の外に行列が出来ていた。ラーメン人気、いまだ衰えずか。
 店内はどこかの小さなレストランみたいな感じで、ラーメン屋とは思えぬ内装。ただ、地下にあるので全体的に薄暗く、妙な圧迫感を感じる。
Photo_119  さて、肝心のつけ麺であるが、ここは完全に魚介系ダシで、スープは脂っぽさは無い。味のほうはつけ麺のスープにありがちな甘酸っぱいものではなく、そのままラーメンのスープとしても使えるような、ごくストレートな味。あまり濃くなく、そのままでも飲めるぐらい。
 濃味スープに麺をつけて食べるというコンセプトからは逸脱したつけ麺であった。
 麺は太ちぢれ麺で、中盛を頼んだがなかなかのボリューム。大盛を頼んだ友人は食べるのに四苦八苦していた。
 食べてみると、スープ自体は美味しいのが、いかんせん味がすぐに薄くなっていき、急速に冷めていく。
 だんだんスープが味気なくなってきたので、テーブルに意味ありげに置いてあったワインビネガーを投入してみた。うん、ちょっと気分が変わって良いかも。
 それにしても、なにゆえ普通の酢ではなくワインビネガー? ここにこの店のこだわりがあるのか?
 食べ終えてみると、どうにも目の前で友人が食べていた普通のラーメンのほうが美味しそうな気がしてならない。
 悪くは無いのだが、ここの香りあるスープは熱々のままのほうが断然楽しめる気がする。それにはつけ麺は不向きなのではないだろうか?
 今度は是非普通のラーメンを食べてみたいところである。

 さて、今回はラーメン屋でつけ麺があったら必ずつけ麺を頼む、つけ麺大好き人間の友人と一緒であった。
 彼につけ麺の魅力について語ってもらおうというのも企画のひとつであったのだが、彼の一言が……
「自分、猫舌なんで」
 もう……ね。きみにはがっかりですよ、ホントに。

|

« 【食事】 ちゃんこ鍋と上げ底徳利 | トップページ | 【雑談】 カードゲームとかボードゲームとかいろいろ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170413/14916573

この記事へのトラックバック一覧です: 【食事】 「もちもちの木」にてつけ麺探求:

« 【食事】 ちゃんこ鍋と上げ底徳利 | トップページ | 【雑談】 カードゲームとかボードゲームとかいろいろ »