« 【食事】 泡盛を「まねき屋」で | トップページ | 【アニメ】 絵で見るSFはここにあり「電脳コイル」 »

2007年7月27日 (金)

【食事】 沖縄料理を「まねき屋」で

 沖縄料理を食べさせてくれる居酒屋「まねき屋」の呑み会レポートのつづき。

Photo  ジーマーミ豆腐というゴマ豆腐のゴマをピーナッツにしたという料理は、恥ずかしながら、この店で初めて知った。
 これが意外とおいしい。ゴマ豆腐のような、杏仁豆腐のような、濃厚でとろっとした味。ひとり一皿ぐらい食べたいところだ。
 あと、定番のミミガーはどこで食べても同じ味といった感じ。この店ならちらがー(豚の顔の皮)があるかなと思ったがメニューにはなかった。残念。
 とうふようも久しぶりに食べた。とうふようは、楊枝の先ですくってちまちま食べるのが正しい作法。
 麹の風味が口の中に広がり、チーズと酒粕の混ざり合ったような味がする。豆腐らしさはゼロ。
 癖のある味なので、他のみんなは完全に拒絶。
Photo_2 酒飲みふたりでぺちゃぺちゃとなめていた。しかし、これって知らない人が見たら、かなり行儀の悪い食べ方だよなー
 スクガラス豆腐も初めて食べたのだが……これはまあ見た目だけの料理かな。味も予想通り。
 豚足料理のてびちのほうは、煮付けではなく、てびち汁が出てきた。てびちを食べるというより、豚足と冬瓜のスープという感じ。沖縄では「おでん」とか呼ぶそうPhoto_3 な。味はやや上品すぎるような……さっぱりしたテールスープのような味であった。
 あと、チャンプルもゴーヤ、豆腐、キャベツ、そのほか、いろいろ種類があり、適当に注文しまくった。まあ、極論を言ってみれば野菜炒めなんだけどね。
 意外と美味しかったのは、沖縄そばを使用した焼きそば。
 沖縄そばは何度も食べたことはあるが、焼きそばにしたものは初めて。コシの強い太麺は野菜と一緒に炒めても美味しいことを発見する。これに、唐辛子を泡盛で漬けたコーレーグースをかけて食べるとピリリッとして美味しい。
 ただ、この頃はだいぶ酔っ払っていたので、手元が来るって大量にコーレーグースをかけてしまうミス(コーレーグースーのビンの口が大きすぎるのも原因なのだが)が続発。辛さにヒーヒー言いながら食べていた。

 会話としては、沖縄料理の感想以外は、ひたすらアニメの話ばかり。
 前にDVDを貸した友人が見始めたというので、いまさらながらにノエインの話で盛り上がる。
 カラスは白土三平キャラとか、トビの可愛さは異常とか、結局アトリが主役とか、そんな話ばかり。
 まったくどれだけノエインが好きなのやら。
 とはいえ、みんなが見ているアニメが少なくなってきたので、共通の話題として貴重な作品であることは間違いない。
 グレンラガンの話題はそれほど盛り上がらず、代わりにDARKER THAN BLACKの話が意外に盛り上がった。とにかく、13話~14話の銀の可愛さは無敵の破壊力。
 新作では、ぽてまよのぐちゅ子の魅力について、ほにほにっと熱く語ったりしていた。
 いつもはアニメの話はそれほどしないのだが、友人のひとりが無職になってからアニメを沢山見ているようで、やたらと話題がかみ合うのだ……って、なんか複雑な気分だなぁ。
 アニメなんて観ていないで、就職しなさいと建前上は言っておこう。

|

« 【食事】 泡盛を「まねき屋」で | トップページ | 【アニメ】 絵で見るSFはここにあり「電脳コイル」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170413/15920635

この記事へのトラックバック一覧です: 【食事】 沖縄料理を「まねき屋」で:

« 【食事】 泡盛を「まねき屋」で | トップページ | 【アニメ】 絵で見るSFはここにあり「電脳コイル」 »