« 【TRPG】 クトゥルフシナリオ「きみに捧ぐ舞台」のテストプレイ | トップページ | 【TRPG】 JGC2007レポート »

2007年8月29日 (水)

【食事】 いわしを食べさせてくれる「でんぱち」

 新宿で「きみに捧ぐ舞台」のテストプレイをしたあと、TRPGのお仕事関係のかたから紹介をしてもらった「でんぱち」に行ってみる。
 ここはいわしを食べさせてくれるお店。
 以前、来たときとはメニュー体系が大幅に変わっていてちょっと戸惑った。
 一皿380円均一の小皿料理がメインになっており、その影響か以前あったメニューがだいぶ減っていた。
 でも、ひとりで呑みに来る人にとっては、こうしていろいろ頼めるのは嬉しいサービスかもしれない。
 とはいえ、いわしの刺身も、なめろうも無くなっているというのは、どういうことだろうか……?
 いわしのたたきはあるので、もしかすると刺身にできるほどのサイズのいわしが手に入らなくなったのかも。
 なめろうのほうは、単純に調理できる人が常時いないかららしい。あとで「今日はたまたま、なめろうが作れる調理人がいたので一人前なら用意できます」と言ってきたので注文はできたのだが。

Photo  まずはいわしのたたきと、新さんまの刺身。
 ここの醤油は九州のほうのものなのか、ちょっと甘い。
 しかし、この醤油がいわしやさんまの脂の強い刺身には良く合う。気分でしょうがを入れたり、入れなかったり。それだけでもずいぶんと味が広がって楽しい。
 酒のほうはずっと日本酒を呑み続けていたので、なんだかやけに刺身が美味しく感じらPhoto_2 れる。おかげで、ずっと刺身ばかり食べていた気がする。
 わざわざ作ってくれたなめろうのほうは、やや味噌と薬味が足りない感じ。いわしの生臭さが前面に出てしまっている。友人たちも、たたきのほうがいいかなという意見であった。
 あと、この店の名物料理の牛タンの煮込みは、狂牛病による牛タンの高騰の影響がまだ続いており、牛タンが悲しくなるほど少ない……残念。
Photo_3  とにかく、いわしとさんまの刺身が印象に残った呑み会であった。

 それにしても、この呑みの席ではシナリオ「きみに捧ぐ舞台」の感想戦をするはずだったのに、ずっと料理のことばかり話をしていたような気がする。
 新しい店に来ると、いつもこうである。困ったものだ。

 次の日に用事があるという友人たちと別れて、もう一軒はしごする。
 前の店では刺身ばかりで、無性に肉が食べたくなり、この前、発見した穴場の焼き鳥屋へ向かう。
 遅い時間だったのですんなり入ることができた。
 手羽先とグレープフルーツサワーという組み合わせで、軽く一杯。
 一心不乱に手羽先を食べていたことは記憶しているのだが、前の店でだいぶ日本酒を飲んで酔っ払っていたので、なにを話したのかはいまいち覚えていない……ただ、二杯目に飲んだマンゴーサワーがとんでもなく甘かったことだけは憶えている。なんだかネクターみたいな味だった。

 家に帰ったあと、酔い覚ましにぽてまよのビデオを見ながら、ぐちゅ子の可愛らしさに一人で身もだえしていたのは内緒である。

|

« 【TRPG】 クトゥルフシナリオ「きみに捧ぐ舞台」のテストプレイ | トップページ | 【TRPG】 JGC2007レポート »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170413/16278118

この記事へのトラックバック一覧です: 【食事】 いわしを食べさせてくれる「でんぱち」:

« 【TRPG】 クトゥルフシナリオ「きみに捧ぐ舞台」のテストプレイ | トップページ | 【TRPG】 JGC2007レポート »