« 【食事】 ベビーキウイを食べる | トップページ | 【食事】 リュウガンを食べる »

2008年3月 6日 (木)

【食事】 春になったらばっけ味噌

 冬になったら食べたいものは、白子ポン酢とあん肝。
 では、春になったら食べたいものは……それは、ふきのとう。
 やはりてんぷらが最高。コロモのサクッの下から香りたつように広がる、独特のほろ苦さ。
 けれど、てんぷらはたびたび食べられるわけではないので、ふきのとうの風味を長く楽しむためにはばっけ味噌が良い。刻んだふきのとうと味噌を合えたもの。
 残念ながら、うちの近所にはふきのとうが生えているようなところは無いので、スーパーなどで購入する。
 今回のふきのとうは農家の直販所で購入したもの。天然ものなのか、ちょっと花の開きが大きかった。
 これを湯がいて、刻んで、フライパンで軽く炒めながら、味噌や酒、砂糖とあえていく。分量は適当。
 ふきのとうが少なかったので、かさを増すために味噌を多くしてしまったが、ちょっと多すぎたかも。
 今年は、少ししょっぱいできあがり。
 ご飯に乗せて食べるのにはいいけど、これだけで酒のつまみにするのは塩分過多かなぁ?

 そして、もうひとつ春になったら食べたいものはホタルイカ。
 まるごと沖漬けにしたものとかが私の好みだが、東京ではあまり見かけない。
 さすがに自宅では作れないので、運良く飲み屋で見かけたら必ず頼むことにしているのだが……はてさて、今年はあの小さなイカに出会えるだろうか?

|

« 【食事】 ベビーキウイを食べる | トップページ | 【食事】 リュウガンを食べる »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170413/40398814

この記事へのトラックバック一覧です: 【食事】 春になったらばっけ味噌:

« 【食事】 ベビーキウイを食べる | トップページ | 【食事】 リュウガンを食べる »