« 【食事】 まれびとの長い一日 その3 | トップページ | 【食事】 よみがえる豪華客船時代の食 »

2008年4月15日 (火)

【食事】 雨の横浜中華街をぶらり

 拙書「白無垢の仮面」の舞台となった豪華客船「氷川丸」は、現在、山下公園の海岸に保存されている。
 いまはリニューアル中で内部は公開されていないのだが、この船の1937年当時のディナーを再現したイベントがあるということで、クトゥルフ関連のかたからお誘いをいただき参加することとなった。

 ……と、その前に横浜といえば中華街。
 早めに行って、中華街でランチを食べようという流れとなった。
 ところが、当日は冷たい雨と風。そのうえJRが架線トラブルのため、山の手線が大混雑。
 予定より30分ほど遅れたが、常日頃からの30分前行動が幸いして、ランチには十分に間に合う時間に到着することができた。
 雨のせいか、平日のせいか、はたまた毒餃子騒動のせいか、昼の中華街は閑散としていて、非常に寂しい感じ。中華街はいつも混雑しているイメージがあったが、そうでもないようだ。
 とりあえず、ランチの前に私の好物であるピータンを買ったりして。
 店によって値段がだいぶ違うのは、観光客向けと、そうでない店の違いだろうか?

 私は中華街はあまり詳しくないので、事前にいろいろ情報収集をして手ごろなランチコースを出してくれるお店に予約をいれていた。
Photo  細い路地に入ったところにある、とあるお店。
 この路地はずらっと中華料理屋が並んでいて、なかなか趣がある風景。
 しかし、お昼時だというのに店はガラガラ。我々以外には、二組しか客がいない。
 コースの他に紹興酒をボトルで注文。オンザロックでいただく。
 いつも飲む紹興酒に比べると、格段に軽くすっきりしている。しかし、私は紹興酒の臭みに近い匂いが好きなので、ちょっと物足りなかった。
 料理のほうは、いたって普通の四川料理。可もなく、不可もなく、あまり辛くもなく、ボリュームもなく……
 この店のタンタン麺はネットでも評判が良かったのだが、コースで頼むとひとり一杯ではなく、ふたりで一杯を小鉢に分けて食べるという貧乏臭さ。ちょっとガッカリ。
 見た目よりスープはあっさりめ……というか、コクが無い。
 そして、やや麺がのびていたような。
 ラーメンに関しては中華料理店よりも、激戦区のラーメン屋のほうが勉強熱心で真面目なものを作っているのかもしれない。
 紹興酒込みでひとり3,000円ぐらいの安いコースでうるさいことをいうのもなんだが、これだったら普通に700円ぐらいのランチをがっつり食べたほうが満足度が高かったかも。

 まだお腹に余裕があったので、中華街名物の肉まんを食べようということに。
 本当なら、私は立ってものを食べるのが嫌いなのだが、まあ郷に入れば郷に従えということで。
 ただ、冷たい雨は降り続けている。山下公園に行けば、雨宿りができる場所があるのではと氷川丸のほうへと向かうが、そんなものありはしない。
 しかたないので公園の木の下で、雨の中の氷川丸を眺めながら肉まんを頬張る。
 晴れていたら気分良かっただろうになー

 山下公園で、雨ざらしの下でじっとしているハトを見かける。
Photo_2  なにしているんだと思ったら、どうやら餌を待っている様子。
 ハトへの餌やりは糞害の原因なのでやめるべきなのだが、雨の中、寒そうにじっと待っているハトを見ていたらかわいそうになって、つい肉まんの欠片をあげてしまった。良い子は真似しないように。
 なお、ハトに遅れてスズメがやってきたのだが、山下公園のスズメはやたらと動きが良い。餌を投げるとハトを差し置いて、かなりの確率で空中でキャッチする。やるなっ!

 その後、日本郵船歴史博物館へと移動する。
 日本郵船にまつわる商船の歴史を展示する実にマニアックな博物館。ここでディナーの受付をする。
 予約をしているのに面倒な……とも思うが、ディナーの前に博物館で予習をしてくれという趣向なのだろう。
 しかし、たぶんここに来るのは一部のマニアと、日本郵船の関係者だけだと思う。
 この日は客が多いようだったが、ほとんどみんなディナーに参加する客だった。

Photo_3  気になったのは、今回のディナー企画に連動して展示されていた旧・帝国ホテルのお皿。
 帝国ホテルの建築デザインをした、有名な建築家フランク・ロイド・ライトがデザインしたものだという。
 当時の日本にこんな皿を使うホテルがあったのかと思うほど、先進的なモダンなデザイン。
 帝国ホテルも「白無垢の仮面」の舞台としたが、あの探索者たちも、こんな皿を使って食事をしていたのだろう。

|

« 【食事】 まれびとの長い一日 その3 | トップページ | 【食事】 よみがえる豪華客船時代の食 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170413/40890174

この記事へのトラックバック一覧です: 【食事】 雨の横浜中華街をぶらり:

« 【食事】 まれびとの長い一日 その3 | トップページ | 【食事】 よみがえる豪華客船時代の食 »