« 【雑談】 大分県TRPG・食べ歩き紀行 探索編 | トップページ | 【食事】 ゴーゴーカレーと消えた焼きトン屋 »

2008年5月14日 (水)

【食事】 大分県TRPG・食べ歩き紀行 天ぷら編

 畑の真ん中に、妙にたくさんの車の停まっている店がある。
 なんでも地元で評判の天ぷら屋らしい。
 もちろん、そうと聞いたら食べないわけにはいかないだろう。
 天ぷら屋さんといっても、店の作りや雰囲気はなんかラーメン屋さんといった感じ。
 コの字型のカウンターの奥で、親父さんがひたすら天ぷらを揚げて、パートのおばさんやお姉さんが忙しく動き回って料理を運んでいる。
 我々はカウンターではなく座敷席に陣取り、臨戦態勢だ。
 真昼間だったので、まわりの客は親子連れで食事に来ている人ばかり。天ぷら屋とはいえ、天丼とか、天ぷら定食など、中華定食屋の感覚で食べている感じ。
Photo  しかし、私はあえてここでもビール。
 そして、地元のかたおすすめの天ぷら各種をいただく。
 地物らしいタコの天ぷらはジューシーでやわらか、タコの甘みがじわっと口の中に広がる。
 さくさく、むちむちで、ビールが進む、進む!
 また、これも地物らしいビイカの天ぷら。見たところホタルイカかと思ったが、調べてみたPhoto_2 ら別の種類のイカ(ミミイカなどの小型のイカの総称?)らしい。まるごと一匹あげているので、ゲソのパリパリ感と、腹のジューシー感を二度楽しめる。火を通してあるせいか、ワタの風味は少なかった。
 そして、大分県の名物料理のひとつ、とり天だ。
 鶏肉を天ぷらにして食べるという料理。から揚げとは違う。
 そのお店によって作り方がいろいろ違うそうで、先日のハモ屋さんで食べたときは、まるで明石焼きのようなふわっとしたコロモの食感が面白かった。
 こちらのお店は、まったく印象が違い、天ぷらよりはから揚げに近いかと。
Photo_3  しかし、天つゆにつけて食べるところは、やはり普通とは違うなと。
 その他、たけのこ、あなご、かき揚げ、ニンニクなどなど、たっぷりと天ぷらをいただく。
 しかし、天ぷらのお店に連れてきてもらっておいて申し訳ないのだが、このお店では「りゅうきゅう」という料理がすごく気に入った。九州地方の漁師料理ということ。
 カンパチの刺身を、醤油と酒、砂糖、青ネギ、大葉、わさび、ゴマであえた料理。
 わさびの爽快感のある辛さと、砂糖醤油、ゴマの濃厚な風味という、なんかミスマッチのような気のする組み合わせが、なぜか妙に美味しく感じられる。
 ビールでも日本酒でも焼酎にでも合いそうな酒だ。
 ブリやカツオなどでも良いということなので、今度、家でも試してみることにしよう。

 さて、これにて大分リポートは終了。
 今回の旅行では、地元のかたにいろいろ美味しいお店に連れて行っていただき、大分の食を堪能させてもらった。

 改めて、この場で「ありがとう、そしてごちそうさま!」と感謝の言葉を述べさせていただきます。

|

« 【雑談】 大分県TRPG・食べ歩き紀行 探索編 | トップページ | 【食事】 ゴーゴーカレーと消えた焼きトン屋 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170413/41208350

この記事へのトラックバック一覧です: 【食事】 大分県TRPG・食べ歩き紀行 天ぷら編:

« 【雑談】 大分県TRPG・食べ歩き紀行 探索編 | トップページ | 【食事】 ゴーゴーカレーと消えた焼きトン屋 »