« 【TRPG】 クトゥルフシナリオ「琵琶奉仕」テストプレイ | トップページ | 【小説】 さて忙しくなるぞ、と »

2008年6月18日 (水)

【食事】 焼きトン探求と変り種焼酎

 新宿における新たな焼きトン屋を探して、我々は歌舞伎町をさすらう。
 今回のお店は歌舞伎町の奥、ホスト街付近にあるお店。ちょっと新しい感じの店作り。
 焼きトンのほかにも、串カツとか黒おでんなどがある。かぶら屋みたいな感じ。
 串カツは合格点。これは良いものだ。
 焼きトンは普通だが値段設定が高め。コストパフォーマンス悪し。
 黒おでんはいまいち。ダシが醤油の味しかしないし、おでんだねが安物。ちくわを食べても、ちくわの味がしない。
 しかし、料理の味以上に、問題だったのは、料理ができあがるのが遅いことと、五人で行ったら六人用の席ではなく、四人用のテーブルに窮屈に座ってくれと案内されたこと。
 特に料理は致命的な遅さ。
 焼き物、揚げ物をする店なのに厨房が狭すぎる。たぶんもともとは別の店(店の作りからしてバーかな?)だったものを、厨房を改装せずにそのまま焼きトン屋にしてしまったのだろう。
 我々のようながつがつ食べていく面子にとっては、もうこれだけで二度目は無いなという感想であった。

 頭にきたので、次の店にハシゴをすることに。
 他のみんなは「もう喫茶店でいいよ……」といっているが、私は完璧に飲み足りないので、強引に引っ張っていく。
 何軒かふられて、流れ着いたのはお気に入りの焼き鳥屋。
 ただ、この日は呪われているのか、この店もやたらと料理が遅い。いつもはもっと回転は早いのに……店員が少なかったのだろうか?
 なんだか生殺しな気分のまま、あまり場の雰囲気も盛り上がらずに、ただひたすら酒を呑む。
 この店は日本酒の品揃えが貧弱なので、普段はあまり呑まない焼酎をメインとする。
 考えるのが面倒だったので、メニューの最後に載っている変り種の焼酎を順番に頼んでいくる。
 呑んだのは、昆布の焼酎、トマトの焼酎、ジャスミンの焼酎、ゴマの焼酎。
 ……正直、いまいち素材の味は感じられないような。
 ジャスミンの焼酎はトイレの芳香剤の匂いがした。アニス系のリキュールに近いかと。
 昆布の焼酎は磯の匂いがするかと思ったのに、あまりそんな気配は感じられなかった。こっちが酔っ払っていると思って、シソ焼酎あたりで誤魔化しているのではと疑いたくなるような味。

 この夜は、新宿に嫌われたかなという感じのグダグダな呑み会であった。がっくり。

|

« 【TRPG】 クトゥルフシナリオ「琵琶奉仕」テストプレイ | トップページ | 【小説】 さて忙しくなるぞ、と »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170413/41572028

この記事へのトラックバック一覧です: 【食事】 焼きトン探求と変り種焼酎:

« 【TRPG】 クトゥルフシナリオ「琵琶奉仕」テストプレイ | トップページ | 【小説】 さて忙しくなるぞ、と »