« 【TRPG】 クトゥルフシナリオの実験体 | トップページ | 【雑談】 大の大人が四人でピクトイメージDS »

2008年7月25日 (金)

【食事】 奄美料理を「まれまれ」で

 クトゥルフシナリオのテストプレイに参加してくれたプレイヤーたちと一緒に、奄美料理を食べに「まれまれ」という店に行く。
 プレイヤーのひとりが旅行好きの食道楽者なので、珍しいものを食べてもらおうということで奄美料理に決定した。
 さすがにその人も奄美にはまだ行ったことがなかったようで、気に入ってくれた様子。
Photo  幹事としてはホッと一安心。
 奄美といえば黒糖焼酎。私の家にも「喜界島」と「三年寝太蔵」のボトルが転がっている。
 とりあえず、ちらりとでも名の聞いたことのあるメジャーどころを四種類ぐらいみんなでまわして味見したうえで、総じて好評だった「朝日」をボトルでいただくことにする。
 つまみは、まず味噌漬けオンパレード。
 Photo_2 タン、レバー、豚肉、豚の面皮、豚耳、魚……なんでも下湯でしてから、甘めの味噌でつけてある。
 タンと豚の面皮が美味しかったかな。
 豚の面皮は初めて食べたのだが、いままで豚耳と似たようなものだろうと思っていたら大間違い。
 耳よりも分厚く、コリコリ軟骨ととろりとした脂の味が混在した、どちらかというと豚足から美味しい部分を抜き取ったような幸せな味。この味噌漬けは冷たいのだが、軽くあぶって食べたらもっと美味しそう。今度、頼んでみようかな?
 あと、外せないのは塩豚。
 私は奄美の塩豚というのは、豚肉を塩漬けしたものかと思っていたのだが、このお店でPhoto_3 は豚のばら肉を塩茹でしたものであった。角煮とは違って、非常にシンプルな味付けであるが、なぜかこれが地味に美味い。とにかく焼酎に良く合う。みんな気に入って、何度も頼んでしまった。
 あとは、奄美地方の野菜関係の炒め物。
 名前も聞いたことがないような野菜から、パパイヤとかヘチマといった馴染みはあるけどあまり炒めて食べない食材まで、いろいろと。
 どれも塩味が基本で、野菜の味がよくわかる。全体にシャキシャキ系の野菜が多くて、つまみとしても十分に耐えうる。
 〆は奄美名物の鶏飯。鶏スープのお茶漬けといった感じのもの。これは最近流行しているらしく、いろいろな店でよく見かけるようになった。
 とはいえ、この面子はずうっと前、まだ鶏飯が一般的ではなかったころ、とある店で見かけて注文したときに、品切れで悔しい思いをした経験があった。そのため鶏飯には並々ならぬ思いがあるのだ。
 そんなわけで、食いすぎじゃないかと思いながらも、最後に注文。
 どんぶりサイズで来た鶏飯を、みんなで仲良く分けて食べる。正直、この頃にはだいぶ酔っ払っていたので、いまいち味は覚えていない。
 注文するたびに、この料理はどうだこうだと話題に事欠かなく、まるで観光旅行の途中の食事のような楽しさ。
 土曜日だったが、店はそれほど混雑していなく、雰囲気も悪くなかった。ただ、歌舞伎町の奥地にある雑居ビルなので、入口はかなり怪しい感じ。この店に初めてで飛び込みで入る人はそういないだろう。
 散々飲んで、食って、おしゃべりしてひとり6,000円ちょっと。
 おなじみの面子のいつもの呑み会に利用となるとやや割高かもしれないけど、ちょっと変わったものを食べに行きたいときには利用できるかな。
 よし、この店は憶えておこう。

|

« 【TRPG】 クトゥルフシナリオの実験体 | トップページ | 【雑談】 大の大人が四人でピクトイメージDS »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170413/41968673

この記事へのトラックバック一覧です: 【食事】 奄美料理を「まれまれ」で:

« 【TRPG】 クトゥルフシナリオの実験体 | トップページ | 【雑談】 大の大人が四人でピクトイメージDS »