« 【TRPG】 JGC2008おつかれさま | トップページ | 【雑談】 崖の上のポニョを観た »

2008年8月25日 (月)

【雑談】 不思議惑星キン・ザ・ザ

 なんか巷ではクトゥルフ神話的だと騒がれている「崖の上のポニョ」であるが、宮崎駿作品で育った自分としては、なにがあろうと映画館で観ることには決めていた。
 ただ、なかなか予定があわず、いまごろになってしまった。

 映画は呑み会の前に観るのが、私の鉄則。だから夕方の上映を見るのが基本。
 そんなわけで、昼から夕方まで時間が空いているので、景気づけにカラオケボックスで映画DVDでも観るかということになった。
 せっかく買ったのに一度も観ていない「時をかける少女」のアニメ版DVDを観ようという流れから紆余曲折があって、最終的には「ダーク・スター」か「不思議惑星キン・ザ・ザ」の二択となり、「不思議惑星キン・ザ・ザ」が勝ち残った。
 あまり聞き慣れないタイトルだが、ロシアの巨匠監督によるSFコメディ映画で、なんか密かに人気があるらしい。私も知らなかったが。
 ロシア映画というと、長くてたるいというイメージがポチョムキンによって植えつけられている私であったが、この作品はは……長くてたるいなぁ。
 部分的には非常に面白いのだが、全体として見渡すと、もっと短くまとめられるだろうというのが正直な感想。
 しかし、そんな無駄な部分はカットしろというのは、ハリウッド映画に毒された資本主義的な考えかたなのかもしれない。

 本編はかなりPARANOIAチックな階級社会の惑星キン・ザ・ザに迷い込んだロシア人とグルジア人が、なんとか地球に帰ろうと努力するお話。
 身分を表すのが、鈴のついた鼻輪だったり、ステテコの色だったり、頭につけた回転灯だったり、それをみんな真顔でやっているのが実に楽しい。
 そしてなにより「クー」という挨拶の仕草が面白い。
 頬を二回叩いて、両手を広げながら下げて「クー」と喉の奥で呻く。黄色いステテコの人には、二回繰り返さないと終身刑である。気をつけよう。
 この「クー」の面白さは観てみないとわからない。
 とりあえず、観おわったあと、なにかにつけて「クー」とやりたくなることだけは間違いない。スターウォーズを観たあと、ライトセーバーをもってチャンバラがしたくなるぐらいの確率で「クー」とやるはずである。

|

« 【TRPG】 JGC2008おつかれさま | トップページ | 【雑談】 崖の上のポニョを観た »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170413/42274499

この記事へのトラックバック一覧です: 【雑談】 不思議惑星キン・ザ・ザ:

« 【TRPG】 JGC2008おつかれさま | トップページ | 【雑談】 崖の上のポニョを観た »