« 【食事】 ギネスとフィッシュアンドチップス | トップページ | 【TRPG】 JGC2008直前 »

2008年8月19日 (火)

【食事】 コシというレベルを超越したつけ麺「オリきん」

 今日も今日とて、池袋の喫茶店でお仕事。
 なんだか騒がしい集団が隣に座る。
 男女7人ぐらいで、全員がノートパソコン装備。年齢は30代前後といったところ。
「なにを始める気だ……」と思っていると、いきなり講習を開始した。
 どうやら輸入サプリメントの営業方法の講習らしい。
 しかも、かなり怪しい雰囲気。
 よく喫茶店とかで客ひとりに、ふたりの人間が怪しい商品を売りつけているシーンを目撃するが、そのノウハウを講習しているようだ。
 サクラの入ってくるタイミングとか、客へのNGワードとかを説明したり、さらには時折隠語を交えて会話したりしている。
 講習を受けているのは、見た目は普通の真面目そうな人たち。
 そんな人たちが、人を騙して物を売りつけるような講習を受けているのを見ると、気をつけなきゃあならないなぁと、しみじみ感じた。
 喫茶店での仕事は、まわりの客が外れると困りものであるが、こういう妙な人と遭遇するのはちょっと楽しかったりする。

 それはさておき、ランチは暑いのでつけ麺を食べることに。
 ちょっとよい評判を聞く「七福神」へ行ったら夏休みでがっかり。
 しかたないので、近所にある「オリきん」に行った。昔は別のラーメン屋だったような気がするが……
 つけ汁は魚介系のあっさりめ。酸味はない。
 私は味が薄いと感じたが、連れはちょうどよいといっている。
 うーん、味の濃いものを食べ過ぎて、私の舌は馬鹿になっているのだろうか……心配だ。
 しかし、つけ汁よりも特筆すべきは、その麺である。Photo
 太さはやや細めのうどんぐらい。しかし、食べてみると間違いなく中華麺の味がする。
 しかも、もの凄い歯ごたえ。千切れないどころか、噛み切れないレベルである。
 面白いとは思うけど、このつけ汁には合っていないような気もする。
 ちょっと物足りないので、備え付けのエビ油と酢を足してみたが、あまり変化無し。
 あと、スープ割りのスープが、なんかただのお湯のように薄く、割るとさらに味気が無くなる……
 麺は良かったのだが、どこまでもつけ汁に物足りなさを感じさせる店であった。

|

« 【食事】 ギネスとフィッシュアンドチップス | トップページ | 【TRPG】 JGC2008直前 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170413/42216079

この記事へのトラックバック一覧です: 【食事】 コシというレベルを超越したつけ麺「オリきん」:

« 【食事】 ギネスとフィッシュアンドチップス | トップページ | 【TRPG】 JGC2008直前 »