« 【雑談】 週末はB級映画大会 | トップページ | 【雑談】 これからスパロボZ三昧だというのに…… »

2008年10月 9日 (木)

【食事】 新宿でおでんやさん探索

 おでんが美味しい季節になってきた。
 以前は大久保方面の行き着けの焼きトン屋でおでんもやっていたので、いつでも食べられたのだが、その店が新装開店して焼肉屋(なぜっ!?)になってしまって以来、しばしご無沙汰していた。
 しかたないので新宿で評判の良いおでん屋を探していた。
 今回、クトゥルフ神話TRPGに造詣の深いかたたちと、三人で新規開拓に訪ねてみることに。

 カウンターとテーブルひとつの、十数人ぐらいしか容量のない、夫婦でひっそりやっている小さなお店。
 三人でカウンターに並んで座る。
 目の前にはおでんと、大皿料理。
 お店の人と客との距離が非常に近い。物理的にも、精神にも。
 なんか微妙な緊張感がある。
 いや、私だけかもしれないが、カウンターの店に入ると、私は少し緊張してしまうのだ。
 他人に人見知りをするというのではなく、良い客であろうと、自分を演出してしまうといえばよいだろうか……
 気を遣いすぎという気もするのだが……とにかくそんな感じ。
 まあ、別にそういう雰囲気は嫌いではないんだけどね。

 料理のほうは、おでん以外にも面白いものが揃っていた。
 ホタルイカの塩辛――という名前の、沖漬け。
 自家製らしい柚子胡椒を混ぜて食べる。
 ほどよく漬かっていて、いままで食べてきたホタルイカの沖漬けの中でも上位クラス。柚子胡椒のせいか、イカ特有の臭さが消えているのは、よいことか悪いことか……食べやすいことは間違いない。
 最近、マスコミでさかんに美味しいとプッシュされているノドグロの生干しもあった。アジのひらきより一回りぐらい小さいノドグロをひらいて、軽くあぶってある。
 私はノドグロは食べたことがなかったのだが、金目鯛のひらきに近いような。ただ味は濃厚。サイズがこぶりだったからかな?
 そして、寒くなってきたら食べなくてはいけないものがある。
 それはあん肝だ。
 今シーズン、初めてのあん肝。
 成形したものではなく、丸の形のまま蒸したものであった。
 やや脂が弱いのは、まだ季節ではないということだろうか?
 といいながら、ひとりで皿を占拠してガツガツ食べてしまった。ごめんなさい、ごめんなさい。
 肝心のおでんのほうは関西風の薄味。
 小さいお店なので、ネタ切れ続出で残念な思いをすることもしばしば。
 がんもどきが無いとは……
 店じまいの前に、なべ底に残っていた出汁の手羽先をサービスしてくれたのだが、完璧に煮込まれていてつるっと柔らかく美味しかった。
 こういうイレギュラーなものって、なんか美味しく感じるよね。

 お酒はずっと熱燗をいただく。
 目の前でつけてくれる熱燗は、適当につけているように見えるが、ほんのり熱さが舌に残る程度のまさしく熱燗の温度であった。
 これは素直にお店の人の技量として感心させられた。

|

« 【雑談】 週末はB級映画大会 | トップページ | 【雑談】 これからスパロボZ三昧だというのに…… »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170413/42738391

この記事へのトラックバック一覧です: 【食事】 新宿でおでんやさん探索:

« 【雑談】 週末はB級映画大会 | トップページ | 【雑談】 これからスパロボZ三昧だというのに…… »