« 【食事】 かけそばダイエットの成果 | トップページ | 【食事】 北京ダックと美少年 »

2009年2月23日 (月)

【食事】 毛沢東風・豚の煮込み

 ライトノベルの美少年な人とか、ライトノベルのエロい人とかと総勢7人で、池袋の中華料理屋で食事会を催す。
 17時から22時までの五時間、延々ととりとめもないことを駄弁り続けるというぬるい集まり。

 まずは瓶ビールに前菜を注文。

 ピータンの白髪ネギ添え Photo_2
 うずらのピータン
 干し豆腐の辛味冷菜
 ラー油ザーサイ
 豚の頭肉の煮つけ
 牛しろのラー油風味
 蒸し鶏のネギソース

 すべて一皿200円……安い!
 勢いに任せて注文しすぎたか?
 いきなりテーブルが皿で埋まった。
 蒸し鶏がシンプルだけど美味しかったかな。

 その後、中華料理定番の炒め物を注文。

 牛肉とピーマン千切り炒め
 ニンニク目と豚肉千切り炒め

 しまった、こいつらキャラが被っていやがる!
 食材はひとつも被っていないのに、見た目がそっくり。
 不覚!!
 定番ならば、麻婆豆腐かエビチリにすれば良かったか?
 しかも、意外とボリュームがあり苦戦する。
 みんなの箸の進みも遅い。
 だか、まだ勝負はこれからだ。
 以前から気になっていた料理、「毛沢東風・豚の煮込み」を注文。
 毛沢東の名を冠する料理に、みんな興味津々。
 さて、やってきたのは……Photo

 わーい、美味しそうなビーフシチュー☆

 って、まてーい!
 うーん、土鍋に入ったその姿は、暖かい家庭で優しい奥さんが出してくれるビーフシチューそのものだ。
 上に乗っているブロッコリーが、実にそれっぽい。
 しかし、毛沢東はブロッコリーを食べたのだろうか?
 たぶん食べていないと思うぞ。
 おたまですくってみると、中からゴロっとしたバラ肉の塊とジャガイモのようなものが。
 うーん、どんどんビーフシチューに見えてきた。
 いったいどんな味がするのだろうかと食べてみると……うわっ、全然ビーフシチューじゃない!(当たり前だ)
 中華の豚の角煮のタレがたっぷり入った料理といった感じ。正直、こんなにタレはいらない。
 ジャガイモのようなものを食べると、ほくほくと柔らかく、甘い。
「うわー、このジャガイモ甘~い」とか喜んでいたら、ラノベの美少年な人に「これってサツマイモでは?」と突っ込まれる。
 恥ずかしい!
 これだから酔っ払いは!
 でも、八角の効いた、とろみのある醤油タレでサツマイモを煮ると、もう細かい味なんてわからなくなるんだよ、と言い訳。
 とかいいながら、ふたくち目からは、間違いなくサツマイモの味がしました。ごめんなさい。
 小ぶりながらもたっぷりお肉が入っており、満足の味。
 これは良いバラ肉の煮込みである。また今度注文しよう。

 そして、まだまだ宴は続く……

|

« 【食事】 かけそばダイエットの成果 | トップページ | 【食事】 北京ダックと美少年 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170413/44156343

この記事へのトラックバック一覧です: 【食事】 毛沢東風・豚の煮込み:

« 【食事】 かけそばダイエットの成果 | トップページ | 【食事】 北京ダックと美少年 »