« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月24日 (火)

【雑談】 池袋DVD映画観賞会

 ひさしぶりに池袋にてDVD映画鑑賞会を開く。
 この鑑賞会の良いところは、静かに観賞するのではなく、笑ったり突っ込んだり、文句をいったりしながら、大騒ぎをして観るところ。
 観た映画は以下のとおり。

◆殺人狂時代
 チャップリンの作品ではなく、岡本喜八のほうでモノクロの日本映画。
 主人公が個性豊かな殺し屋たちに狙われ続けるというサスペンス・コメディ。
 精神病院の患者を調教して殺し屋に仕立て上げるという、天本英世が演じる院長が滅茶苦茶はまり役。
 登場するたびに、我々は歓声をあげるぐらい。
 意外と脚本もしっかりしていて、納得のできるオチがついたのは逆に意外であった。
 場違いに明るいBGMと、凝ったアングル、そしてモノクロ低予算日本映画ならではの陳腐な空気が相まって、実に面白い映画となっていた。
 人には薦めないけどね。

◆スターシップ・トゥルーパーズ3
 第一作は、世紀のツッコミどころ満載映画。
 深夜、喉がかれるほどツッコンだのは良い思い出である。
 さて、その第三作であるが、あいかわらずひどい軍隊である。
 歩兵部隊に関しては、無能な人間を間引きするために戦場に送っているとしか思えないな。
 つーか、敵は虫けらで、占領目標すらないのに、なぜ歩兵が必要なんだよと。
 機械化部隊だけでいいじゃん。
 装甲車一台無い地上部隊ってなんだよ?
 というか、地上部隊いらないよ。戦闘ヘリだけでいいよ。無いのかよ!?
 ……と、楽しく文句をいうのが正解の映画なのである。
 ただし、映画内で流されるプロパガンダ映像の出来は秀逸。テレビショッピング感覚で徴兵するノリノリさがたまらない。
 あと、第三作目でようやくパワードスーツが登場するのだけど、原作に比べるとまったくもって意味のない存在であった。
 あんな機動性なら、装甲車のほうが役立つよ。
 けど、無敵。
 意味も無く、無敵。
 最後にちょっとしかでないので、まったく騙された気持ちであるが、売り込み文句として「今回はパワードスーツが出ます!」というのが必要だったんだろうな。
 しかし、どう観てもこれは戦争マニアが支配する狂った世界を描いたブラックジョーク映画だと思うのだが、実際のところはどう捉えられているのだろうか?
 不思議でならない。
 とはいえ、まあツッコミどころは満載で、私としては実に楽しめた。
 ただし、ひとりで観てはいけない。絶対に。

◆悪魔の毒々おばあちゃん
 まあ、タイトルどおりの映画。
 人の良いおばあちゃんの遺産を狙って集まる「うじ虫」な親戚たちがたまらなく下衆でキャラが立っていて楽しい。
 こんなNPCの出てくるTRPGがやりた~い。
 ショットガン対策に、中世の鎧を着て襲ってくるおばあちゃんがとっても可愛い!
 良い人も悪い人も男も女も子供もデブも、等しく皆殺し。
 それにしても観終わった後、なんの感慨もわかないこの爽快さ。
 うん、これぞ毒々だね。
 食前に観る映画にはあまり相応しくないけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

【食事】 にごり酒とフキノトウ味噌とモツラーメン

 月イチゲーム会を終了後、久しぶりに地酒の美味い店「十徳」に行く。
 この日は仕事がひと段落していたので、すっかり開放モード。
 日本酒が進む、進む。
 なんかいつもはあまり飲まない友人たちも、その晩はやけにつきあってくれるので、よけい飲んでしまった。
 Photo_2 ふろふき大根にフキノトウ味噌を乗せたのが美味い。春の味だ。
 あと、タコの桜煮とか。マグロの中オチとか美味い。焼き鳥はいくら食べても美味い。
 そして、この店に来たらモツ鍋を食うのが良い。そして〆はラーメンを入れるのだ。
 しかし、この面子はスープスキーなので、いつもモツ鍋のスープを飲みつくして、〆のラーメンを食べられない。
 そこで、今回は鍋を頼むと同時にラーメンを頼む。目の前にラーメンがあれば、スープスキーな連中も遠慮するはずだという目論見。
 しかし、結局半分以上がどこかへ消えてしまい、店員さんにスープを足してもらうことに……
 初めて食べるモツラーメンはみんな気に入ってくれた様子。
 これからは鍋と一緒にラーメンを注文することにしようと、みんなで約束する。

Photo  お酒のほうは、まずはお店がおすすめの三種飲み比べからいただく。
 今回のコンセプトは30代杜氏が醸したお酒三種とのことであった。すみません、飲んでも杜氏の年齢まではわかりません。
 その後、にごり酒をいろいろ試してみる。
 メニューに無い酒でも、店員さんに「こんな酒があるか?」と聞くと、いろいろ出してくれて嬉しい。
 甘酒並にどろっとした酒もあれば、サワーのようにさわやかな酒もあり、にごり酒といっても千差万別。普通の酒以上に個性が強く感じられるかも。
 店員さんの話を聞いたら、私がよく通る道路に看板を出している「末廣」という銘柄の酒のにごり酒があったので呑んでみる。
 すっきりとしたさわやかなお酒。辛口ではないが、甘みも少ない。鼻に抜ける香りは素敵。
 飲み口が良いので、あまりお酒が得意でない友人たちも気に入った様子。
 私的にはスエヒロという名前は縁起が良いので、この酒は覚えておこう。
 しかし、散々飲んだのだけど、初めて飲んだような酒の銘柄はすっかり忘れてしまった。ホント、ダメだなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

【食事】 プロット練りと味噌ラーメン

 月イチゲーム会のため新宿へ。
 いつものように早朝のルノアールにてモーニングを食べつつ、小説のお仕事もする。
 小説のプロットを練るのはひらめき勝負であるが、ひらめきだけに頼っていても仕事は進まない。
 私のやりかたは、ノートパソコンに片っ端から物語への疑問点(登場人物の目的とか、問題解決の方法)を羅列して、それに対する回答を自分で書く。
 回答したことにより発生した疑問をさらに書いて、それの回答を繰り返し、とにかく疑問が無くなるまで書きまくる。
 時折「そりゃあねーよ」とか「これでいいのかぁ?」とか、ぶつぶつひとりで呟きながらやっているので、隣の客とかには、たぶん変な人だと思われていることだろう。
 そんなことをぐるぐるやっているとようやく形になってきた。
 よし、これで行ってみるか……と思ったところで、集合時間になった。

 ランチは「はな火屋」にて味噌ラーメンを食べる。
Photo  てっきり醤油ラーメンの店かと思っていたら、ネットでは味噌ラーメンのほうが評判が良い感じ。
 ランチタイムは大盛サービス、クーポンでノリサービスという大盤振る舞いで650円。割りとリーズナブル。
 味噌スープはすっきりしていながら、甘みもコクもある。これはなかなか良いスープ。
 巨大なレンゲに麺とスープを一緒に乗せて、ずるずるっとすするのが美味い。
 よくある、野菜炒めに味噌とスープを混ぜた味噌ラーメンという野菜の強さは出ていないが、これはこれで洗練されていて良いかも。満足、満足。
 妙に混んでもいなし、価格も納得の安牌店として、これからも利用させてもらおう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

【食事】 豚血の漬物鍋

 ラノベ作家の人たちを誘って池袋にてカラオケ大会。
「きんぎょ注意報」から始まって「美少女戦士セーラームーン(無印)」で終わるという、なんかダメ人間たちのカラオケであった。

 その後、最近ハマッている池袋の中華料理屋へと。
 いろいろ食べたが、牛スジの煮込みは絶品であった。
 しっかりと煮込まれトロトロの牛スジ(といっても、肉部分がかなり多め)に、とろみのついた八角の香り高いタレ。トンポーローの牛スジバージョンという感じか。
 そんなとろとろ牛スジを、唐辛子とニンニクの芽などと一緒に軽く炒めている。
 すべてが私好みの味。他のみんなの評価も高かった。
 忘れずにここにメモしておこう。

 ところで、この店のお客の大部分が牛の背骨の水煮を注文していることに気づいた。名物料理なのかしらん?
 見た目のインパクトがすごい。牛の背骨そのもので、なんか恐竜の化石みたい。量も半端ではない。大皿一杯に盛られてくる。
 それを手づかみにして、へばりついた肉をもしゃもしゃ食べている。まあ、たぶん見た目に反して食べられるところは少ないのだろうが……
 中にはひとりで来て、生ビールと肋骨だけ注文して、ひとりでもしゃもしゃ食べている人もいる。ちょっと異様な姿だった。
 うーん、もっとお腹が減っていたら食べても良かったのだが。

 さて、それはともあれ、最後の〆として、ずっと気になっていた豚血の漬物鍋を注文することに。
 だいぶ腹もいっぱいだったので「これってボリュームあるの?」と尋ねると、美人の店員さんに少し鼻で笑われて「ありますよ」とかいわれた。
 なんか見くびられた気がしたので注文してしまう。
 だったら聞くなと。馬鹿かと。
 さて、やってきたものは……うーん、居酒屋のコースだったら、四人前ぐらいはありそうな鍋だ。
 中には豚のバラ肉以外にも、腸や心臓など、いろいろな部位がごった煮になっている。野菜は少なめ。香味野菜がある程度。そして、底には大量の春雨。隙間無く鍋に具が詰まっているという感じ。
 そして、肝心の豚の血は鍋の上にでろんと乗っている。
 ところが、予想に反して、豚の血の漬物ではなく、豚の血のソーセージであった。刻みニンニクと一緒に腸詰したもの。韓国料理にもあるよね。
 じゃあ、漬物って……?
 と思ったら、中に入っている白菜の細切りがどうやら漬物らしい。やや酸味が利いて、よい隠し味になっている。
 すなわち、おそらくは豚の血のソーセージを乗せた、白菜の漬物の鍋なのだと思う。省略されすぎてわからなかった。
 豚の血のソーセージは正直味はほとんどしない。レバーのような臭みもなく、かといって旨味もない。あまり美味しいものではないな。見た目がまさしく血の固まりという感じでえぐいので、ちょっと食べるのに抵抗を感じる。
 豚肉と内蔵のほうは、しっかり臭みが取れて美味しく煮えている。漬物の酸味の利いた、塩モツ鍋のような感じ。味は良いのだが……とにかく量が多い。
 いくら食べてもなくならない。なぜかみんなスープばかり飲んで、肉を食べようとしない。そのうちその存在を無視するようになってきた。
 うーん、誠に申し訳ないのだが三分の一ぐらいは残してしまった。豚さんごめんなさい。

 最後に暖かいウーロン茶を飲んで、まったりと終了。あたたまるわー。

 ところで、このお店――他にもいろいろ珍しい食材がある。
 ちょっとここには書けないような食材も扱っており、少しビックリさせられた。
 うーん、これで三回目の訪問であるが、まだまだ奥は深いようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

【食事】 上野でモツ煮とおでん

 底冷えのする寒さの中、上野で飲み屋をはしごする。
Photo  最初はアメ横では有名なガード下のモツ焼き屋。
 この不景気に大盛況である。
 道路にはみ出たテーブルに腰掛けて、まずはモツ煮とモツ焼きと熱燗。
 ここのモツは馬のモツを使用しているとか。
 見た目は豚よりもシワシワしている感じ。
 食べてみると、まったくクセが無い……というか、味もない。
 もっとパンチの強い味を好む私としては、ちょっといまいちかな。
Photo_2  モツ焼きのほうは値段にしては、まあいけるかと。タレが美味しいのはモツ焼き屋では貴重な存在。
 馬のモツを出す店の特選馬刺しとやらはいかがなものかと頼んでみると、これはなかなかの上物であった。
 あと、茹でたシロの細切りにごま油などで濃い味付けをした冷菜風料理は評判がよかったな。
 ちなみに、このお店は熱燗は魔法瓶で持ってきて、その場でお冷のようにコポコポとグラスに注ぐ。
 手っ取り早くていいんだけど、雰囲気はゼロだな。いや、一周回ってこの粗雑さが良いのか?
 しかし、そんな場末な雰囲気の割りに、店員さんがチェーン居酒屋ぐらいに丁寧なのは妙な感じがした。
 まあ、モツ焼き屋の店員がすべて大雑把というわけではないのだろうけどね。
 その点、有楽町のホルモン屋の店員はすさまじいものがある。

Photo_3  さて、ふきっさらしではいくら飲んでも身体が温まらないので、早めに不忍池のほうにある老舗のおでん屋へ移動する。
 おでん鍋のまん前、カウンター席に3人並んで、熱々のおでんをいただく。
 こちらは日本酒が豊富な店であるが、レアな高級品が多い。グラス一杯で数千円する酒もあるので注文するときは注意が必要だ。
 酒のほうは前の店でちょうど良い感じだったので、冷酒をちびちび舐めながらおでんメインで攻める。
 やはりダイコンが一番おいしいなー

 おでん屋さんはやや早い時間に閉店だったので、さらに駅前のチェーン居酒屋の塩焼きそばでビールでしめたのだが、なんか私のクトゥルフ神話TRPGに対する姿勢について、ずっと説教をされていた気がする。
 なんでやねん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

【TRPG】 ドリームランドリプレイ第三話

 さて、「ラヴクラフトの幻夢境」も無事に発売されまして、ファンとしては嬉しい限りですが、短期連載中のドリームランドリプレイの第三話が掲載されている「Role&Roll Vol.54」のほうも、3月13日発売予定です。

 アーカムにでまわる怪しげなお香の力でドリームライドへと迷い込んだ探索者たち。
 そんな彼らを待ち受けるのは、ドリームランドの恐るべき神話生物であった!

 とかいった感じで、だいぶ連載も盛り上がってまいりました。
 このリプレイが、みなさんの「ラヴクラフトの幻夢境」の活用の一助となればと祈っております。

 しかし、これからはドリームランドのことは、幻夢境って呼んだほうがいいのかしらん?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

【雑談】 国立歴史民俗博物館に行ったよ その5

 千葉県は佐倉市にある、国立歴史民俗博物館に行ってきた。
 近世から時代をさかのぼって、石器・縄文時代へと。
Photo
 石器大好き人間としては、やはり打製石器を見てハアハアする。
 あと、諸星大二郎や星野之宣の作品に登場する遺物を探し出してはハアハアしたりする。
 アップした写真が登場する作品が、みなさんわかるかな?
Photo_2
 しかし、展示品のほとんどが複製だったのは、ちょっと残念。
 見分けなんかつかないけど、やはり本物を見るのとはロマンが違う。
 その後、弥生から中世となるのだが、残念ながらタイムアップ。
 閉館ギリギリまで粘って、ほとんど最後の客として博物館をあとにした。
Photo_3  開館から閉館までずっといたけど、とてもまわりきれないな……
 まあ、あとは中世と戦国、江戸時代なので、私的にはさほど惹かれる時代ではないので良しとしよう。
 普通はその時代が博物館的にも一番力を入れているところのはずなんだけどね(笑)

 そんなわけで、国立歴史民俗博物館のレポートは終了。
 何度も行きたいとは思わないけど、歴史好きなら一度は行ってみてもいいかもね。
 映像資料室はまったくスルーだったので、それはちょっと無念。
 けど、映像資料は時間がやたらかかるからなー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

【雑談】 国立歴史民俗博物館に行ったよ その4

 千葉県は佐倉市にある、国立歴史民俗博物館に行ってきた。
 民俗展示と近世展示を見て回り、ちょうと休憩。
 図書資料室をのぞかせてもらう。
 お客はひとりだけ。
 しんと静かな部屋には、ぎっしりと歴史・民俗に関する資料が。
 ただ、一般閲覧可能なところなので、置いてあるのは市販本が多い。
 それでも、ここまでそろえている図書館はないだろう。
 エビス本とか、七福神本とか、かまど本とかにハアハアする。
 ふとすると何時間でも読みふけってしまいそう。
 とりあえず神と穢れについて面白そうな本を見つけたので著者とタイトルをメモしておく。後日、アマゾンで調べると在庫切れのようだったが、なんとか中古市場で購入できた。
 ついでにお土産物コーナーにもいく。
 こちらの図書コーナーもなかなか充実している。お土産代わりにちょっと珍しい視点からの民俗学についての文庫を購入する。

 さて、歩きつかれて、お腹もぺこぺこ。
 博物館内の食堂で食事をすることにする。
 こういういかにも投げやりな食堂で食事をするのはいまいち気が進まないのだが、事前調査によると、ここでは古代米を使用したメニューを出しているらしい。
 しかも、その古代米がまずいと評判。
 まあ、古代米だからしかたないと思うのだが、そこまでまずいというのなら実験として食べておかねばなるまい。
Photo  古代米のカレーとかハヤシライスとかまである……なにか間違っている気が……
 私は古代米の味を堪能するために、古代米のおにぎりセットを注文する。
 古代米といっても、白米に赤米を9:1ぐらいでブレンドしたもので、味はぼそぼそする白米という感じ。古代米の味はさっぱりわからない。
 ただ、真っ赤に染まっているので、そのへんは雰囲気あるかも。
 感想としては、前評判ほどまずくはなかった。うまくもなかったけど。

 昼飯を終えたのちも、まだまだレポートはつづく……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

【雑談】 国立歴史民俗博物館に行ったよ その3

 千葉県は佐倉市にある、国立歴史民俗博物館に行ってきた。
 お次は「クトゥルフと帝国」の参考にと近世の展示。
 なんかいろいろきな臭い展示であった。
Photo
 あまり興味を引かれるものもなく流していると、最後に怪しいエリアが。
 どうも1940年頃の日本の繁華街と映画館を再現しているものらしい。
 博物館とは思えない卑俗な雰囲気が、ちょっと面白い。
 カフェーの下品なあおり文句なんかは特にたまらない。
 当時の映画の資料なども充実。
 たぶん個人から寄贈されたものではないかな?
Photo_2
 ちょっと期待はずれな部分もあったが、まあ歴史民俗博物館における近世の立ち位置といったらこの程度であろう。
 学校の歴史の授業で、学年末になって時間がなくなって飛ばされるのと同じ感じ。
 本当は近世こそ、しっかり学ぶべきだと思うんだけどねー
 ところで、子供のころは、先生の時間配分が悪くて、近世は時間切れでスルーされているのかと思っていたけど、もしかすると歴史観でいろいろと面倒なことがあるから、あえて触れないようにしているのかと思うようになった。先生も大変だよね。

 そんなわけで、まだまだまだレポートはつづく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

【雑談】 国立歴史民俗博物館に行ったよ その2

 千葉県は佐倉市にある、国立歴史民俗博物館に行ってきた。
 石器時代から縄文、弥生、平安……時代通りの順路を無視して、いきなり民俗展示へ移動。
 歴史的遺物ではなく、日本各地の信仰や風習に関係する展示がされている。
 私の大好物である(じゅるり)。
Photo_4
 まず入口には、山ほど絵馬が飾ってある。
 江戸時代の頃と思われる、絵解きの絵馬もいくつか。
 とりあえずクトゥルフ者として、タコの絵馬を発見。解説によると、タコの目玉は鋭く丈夫なので眼病平癒の願掛けということだ。
Photo_5
 あえのことの座を作った民家の実物展示もある。
 昔の薄暗い民家の雰囲気がよく再現できているが、おかげで写真も真っ暗だな(笑)。

Photo_6  山の神様の石像がいろいろ並んでいるのは面白い。
 これらは各地の人々が、自分の想像に任せて自由に作成したものなのだろう。各地の山の数だけ、それぞれに神様がいるぐらいだから、系統だったものは感じられない。
 しかし、その中でも大分県の個人蔵だという山神の男と女の像は、あまりに禍々しい。
 山神だからひとつ目なのは納得できるんだけど、鳥をモチーフにしたのはなぜなんだろう?
 こんなものが山道にあったら、探索者ならぬ私としては、絶対にその山には入りたくない。間違いなく神隠しに遭うだろう。

 他にも雛人形がぎっしり詰まった雛送りの船とか、沖縄地方の来訪神の扮装とか、見た目にもインパクトがあるものが続く。
 ビデオ上映もあり、NHKの地方局が映像資料として残したような、大家族の旧家で行われていたような古い儀式がテーマに分かれて4分ずつ見られる。
 もう伝わっていないような貴重そうな映像もあり全部見てきた。実に興味深い。

 ただ、全体的には民間信仰よりは、展示物を介して各地で受け継がれている行事を紹介している部分が強い感じ。
 まあ、信仰とか重いことをいうと、アレルギーを起こす人がいるだろうから、博物館の展示としては間違いではないのかも。
 私的には、もっとどろりとした異界の雰囲気を堪能したかったのだが……(笑)

 そんなわけで、まだレポートはつづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

【雑談】 国立歴史民俗博物館に行ったよ その1

 千葉県は佐倉市にある、国立歴史民俗博物館に行ってきた。Photo
 別に取材とか深い理由があるわけでもなく、なんとなく民俗学好きの人たちと連れ立って行くことになっただけ。
 駅を出ると、いきなり「ガンジーラーメン」の洗礼が……
 なんて店名なんだろう。潰れていたのが残念。

 城跡でもある敷地を歩いていると、今度は猫登場。Photo_2
 猫、可愛いよ猫!
 野良とは思えぬ、毛並みのよいぽっちゃり猫。
 やたらと人懐っこくて、なでさせてくれる。
 うわー、猫なでるの久しぶり。
 いきなり足止めをくらう。
 恐るべき歴史民俗博物館の罠。

 あと、道程に磨崖仏がある。
 こんなでっかくて重そうなものを運んできたのかと感心していると、解説文にわかりづらく「複製」の文字が……騙された!
 そんな怒りを込めて、一言。

「磨崖仏のまがい物だ」

 ……べ、別にウケたくて言ったわけじゃないんだからねっ!
 しかし、明らかにあの「複製」の字はわざと見えづらくしていたな。姑息な真似をしおって。
Photo_3
 そんなこんなで、ようやく館内に入ることができた我々を待ち受けるものは……
 といった感じで、レポートはつづく。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

【雑談】 もにょもにょ仕事中

 以前、池袋の裏路地にある喫茶店で仕事をしていると、隣の客が詐欺師と風俗のスカウトだったりして、とても気になると書いたことがある。
 こうも毎度、ヘビーな人生裏街道な話をされると、とてもラヴコメを書いていられない。
 ただでさえ、鬱々としたニュースばかりで気分が重いのに。

 そんなわけで、ずいぶん通った池袋には見切りをつけて、地元のファミリーレストランに仕事場を変更することにする。
 レストランで長居をするというのは、マナー的に避けたかったのだが、客層を観察するに許容範囲と判断した。
 食事時は避けて、店がすいている時間を狙うのが、せめてものマナー。
 一週間ほど通うと、すぐに顔を覚えられる。
 なにもいわないうちから禁煙席を案内されるようになった。
 以前の喫茶店は一年通っても、毎度、同じ待遇だったのに……ファミレスの接客、なかなかのものだ。

 ただ問題は、このファミレスにはみのりんがいない。
 盛ってくれない。
 超盛ってくれない……なぜだっ!
 責任者出てこい!

 そして、最近、ミスタードーナッツで仕事をすることも……
 これは単純に距離が近いので。
 あと、店員さんが可愛い。
 ドーナッツ1個とカフェオレの組み合わせは無敵の布陣。
 ただ、ちょっと店内が寒い。窓が大きすぎるんだよな。暖房効率が悪い。
 そして、最大の問題はかけそばダイエットがまったく無駄になること。
 しかし、甘いものを食べると、仕事がはかどる気がする。
 甘いものは脳の活動に必要だからな!(byよみ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »