« 【TRPG】 ドリームランドリプレイ第三話 | トップページ | 【食事】 豚血の漬物鍋 »

2009年3月16日 (月)

【食事】 上野でモツ煮とおでん

 底冷えのする寒さの中、上野で飲み屋をはしごする。
Photo  最初はアメ横では有名なガード下のモツ焼き屋。
 この不景気に大盛況である。
 道路にはみ出たテーブルに腰掛けて、まずはモツ煮とモツ焼きと熱燗。
 ここのモツは馬のモツを使用しているとか。
 見た目は豚よりもシワシワしている感じ。
 食べてみると、まったくクセが無い……というか、味もない。
 もっとパンチの強い味を好む私としては、ちょっといまいちかな。
Photo_2  モツ焼きのほうは値段にしては、まあいけるかと。タレが美味しいのはモツ焼き屋では貴重な存在。
 馬のモツを出す店の特選馬刺しとやらはいかがなものかと頼んでみると、これはなかなかの上物であった。
 あと、茹でたシロの細切りにごま油などで濃い味付けをした冷菜風料理は評判がよかったな。
 ちなみに、このお店は熱燗は魔法瓶で持ってきて、その場でお冷のようにコポコポとグラスに注ぐ。
 手っ取り早くていいんだけど、雰囲気はゼロだな。いや、一周回ってこの粗雑さが良いのか?
 しかし、そんな場末な雰囲気の割りに、店員さんがチェーン居酒屋ぐらいに丁寧なのは妙な感じがした。
 まあ、モツ焼き屋の店員がすべて大雑把というわけではないのだろうけどね。
 その点、有楽町のホルモン屋の店員はすさまじいものがある。

Photo_3  さて、ふきっさらしではいくら飲んでも身体が温まらないので、早めに不忍池のほうにある老舗のおでん屋へ移動する。
 おでん鍋のまん前、カウンター席に3人並んで、熱々のおでんをいただく。
 こちらは日本酒が豊富な店であるが、レアな高級品が多い。グラス一杯で数千円する酒もあるので注文するときは注意が必要だ。
 酒のほうは前の店でちょうど良い感じだったので、冷酒をちびちび舐めながらおでんメインで攻める。
 やはりダイコンが一番おいしいなー

 おでん屋さんはやや早い時間に閉店だったので、さらに駅前のチェーン居酒屋の塩焼きそばでビールでしめたのだが、なんか私のクトゥルフ神話TRPGに対する姿勢について、ずっと説教をされていた気がする。
 なんでやねん。

|

« 【TRPG】 ドリームランドリプレイ第三話 | トップページ | 【食事】 豚血の漬物鍋 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

内山さんに説教とは!!
内容もお相手も気になりますね(@_@)

しかし飲み会多いですね! お体に気をつけて!

投稿: 坂本雅之 | 2009年3月17日 (火) 23時23分

 坂本さんもよくご存じのかたです。

 確かになんか飲み会が多くなっているような……でも、かけそばダイエットのおかげで、自宅での晩酌が減っているのでそれでプラスマイナスゼロかと。
 きっと。

投稿: 内山靖二郎 | 2009年3月17日 (火) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170413/44371986

この記事へのトラックバック一覧です: 【食事】 上野でモツ煮とおでん:

« 【TRPG】 ドリームランドリプレイ第三話 | トップページ | 【食事】 豚血の漬物鍋 »