« 【TRPG】 Role&Roll Vol.61に記事を書きました | トップページ | 【雑談】 俗・Z級映画鑑賞会(いつもひとり) »

2009年10月10日 (土)

【雑談】 Z級映画鑑賞会(ひとりで)

 この連休はZ級映画を鑑賞しようと覚悟する。

◆死霊の盆踊り
 いきなりZ級映画のラスボス登場。
 すさまじいまでのグダグタ感。
 墓場で繰り広げられる死人たちの饗宴。それを喜んで鑑賞するモンスターたち。
 本編の8割が、ヌードダンサーのゆるゆるしたダンスによってしめられている。
 ここまでひどいとは思わなかった。
 さすがは世界一の最低映画といわれるだけのことはある。脱帽だ。
 でも、花嫁ゾンビの乳フリ踊りはツボ、大爆笑してしまった。
 しかし、後半はもうラリった笑みしか浮かべられなくなる。
 これは人には勧められない。ひどすぎる。悪い意味で。

◆アタック・オブ・ザ・キラー・トマト
 熱烈なファンもいるZ級映画界のアイドル。
 殺人トマトがアメリカ全土で大暴れ。
 特撮がせこいだけで、コメディ映画としてはとても面白いと思う。
 音楽もよい。
 オープニングの歌は、事前に聞いたことがあったが、やはり素晴らしい。
 本編中にも、突然、登場人物が歌い出すシーンがあるのだが、どの歌詞も素晴らしい。
 最後まで楽しませてもらった。
 くだらない映画が好きな人には、是非、おすすめする逸品であった。

◆ソドムの市
 これだけ仲間はずれ。
 この映画をZ級というのは間違っている気もするが、普通じゃない映画ということで。
 でも、この映画についてのマジコメントはひかれそうなので、ここはノーコメントで。

◆キラーコンドーム
 コンドームが男のナニを食いちぎるというシーンを描きたかっただけちゃうんか、みたいな映画だと予想していたら大間違い。
 まさかのハード・ゲイ・ボイルド映画。
 シチリア生まれの刑事がニューヨークでハードボイルドな演技をするのだが、なぜかゲイで、しかもこれはドイツの映画。
 混ぜるな、危険!
 主人公のマカロニ刑事の一人語りが、格好良いのか悪いのか、だんだんとわからなくなっていく。
 とにかく、全編を通じてゲイの話ばかりが続く。
 コンドームよりも、ゲイのほうがテーマなのではと疑っていたら、実際にそうだった。
 クライマックスはゲイの愛について熱く語って、良い話にまとめようとしているのが微笑ましい。
 でも、これまた面白かった。
 場面転換が早く、観ていて飽きない。
 キラー・トマトといい、さすが世に知られたZ級映画は面白いね。

 ところで、いま思いついたんだけど、ガンダムSEEDのキラ・ヤマトって、キラー・トマトと関係あるのかしらん?

|

« 【TRPG】 Role&Roll Vol.61に記事を書きました | トップページ | 【雑談】 俗・Z級映画鑑賞会(いつもひとり) »

雑談」カテゴリの記事

コメント

色んな意味で現在の地上波での放送は無理な作品ばかりですね。
次のチョイスに期待してます。

投稿: やまさん | 2009年10月10日 (土) 22時31分

 だんだん辛くなってきました。

投稿: 内山靖二郎 | 2009年10月11日 (日) 00時20分

こちらも一人dvd鑑賞会したんで、なんかの参考にしてください。
パニックインスタジアム
ライフル魔とスワットの攻防戦。エキストラの数に圧倒されます。
レザボアドッグス
音楽・ストーリー・キャスト、完全に野郎向け作品。ルパン
初代の方の話。
吹き替え板にはクラリス・次元・富士子が出てます。

投稿: やまさん | 2009年10月11日 (日) 16時32分

 パニックインスタジアムはずいぶん前に日曜洋画劇場で観たような……
 昔の日曜洋画劇場らしい味の映画だった記憶があります。

投稿: 内山靖二郎 | 2009年10月11日 (日) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170413/46448844

この記事へのトラックバック一覧です: 【雑談】 Z級映画鑑賞会(ひとりで):

« 【TRPG】 Role&Roll Vol.61に記事を書きました | トップページ | 【雑談】 俗・Z級映画鑑賞会(いつもひとり) »