« 【TRPG】 虹の水晶宮 最終回 | トップページ | 【雑談】 今日からTRPG合宿へ »

2009年12月30日 (水)

【食事】 おでんと蕎麦と牛すじと

 新宿の蕎麦屋にて飲み会。
 蕎麦屋が飲み屋をしているのか、飲み屋が蕎麦を出しているのか、いまいちはっきりしない店であるが、ともあれ夜はゆっくり酒が飲める空間となる。

 とりあえず、おでんがあるのが嬉しい。Photo_3
 我々はとにかくおでんが大好き。
 ここのお店は真っ黒のダシの黒おでん。でも、静岡のおでんとはちょっと違った感じ。
 そばつゆで煮たという感じだ。
 店員さんがやけに「東京揚げ」というものを推す。
 初めて聞くおでん種だが、厚揚げとはんぺんを合わせたような感じの、ふわふわもちもちの練り物。なかなか乙な味がする。
 しかし、お気に入りはイワシ団子。見た目はがんもどきだが、中にはイワシのすり身が、他の白身魚とちょうどよい配分で混ぜ合わさっている。イワシの滋味と、白身魚のもちもち感の良いどころ取り。イワシつみれの食感や、臭さが嫌いな人も、これなら好きになるかも。
 ただ、この店で一番高いおでん種は、なぜかはんぺんである。
 見た目は普通のはんぺんであるが……食べた人によると「ふわっふわっやでっ!(なぜか関西弁になる)」だそうな。
 なぜ伝聞なのかといえば、我々はおでん種をジャンケンで取り合うことを誓い合っている。そのため、ジャンケンで負ければ食べられないおでん種も出てくる。
 つまり、私は食べられなかったというわけ……ううっ、無念!

 だが、おでんよりもヒットしたのが、牛すじの塩煮である。Photo_2
 大盛りで頼んだら、鉄鍋で出てきた。これは予想外の展開。
 仙台のテールスープのような味わい。
 そこにトロトロの牛すじと、味のしみた大根、ニンジンがゴロゴロと入っている。豪快でよろしい。
 酢がついてきて、これに牛すじをつけても美味しい。
 スープにちょっと酢をいれても美味しい。
 これは大当たりであった。また是非、食べたい。

 〆は当然ながら蕎麦である。
 蕎麦屋だけあって、手切りの美味しいざるそばであった。
 満腹でも蕎麦は別腹。〆には最高である。

 あと、ここの店は日本酒を一合瓶で出すのが面白い。Photo
 ひとりでも飲みきれるミニボトルであるが、これを大量に頼んで、みんなでお猪口に注ぎ合って味比べをするのも楽しい。
 ほとんど知らない銘柄ばかりだったけどね。
 あんまり頼んでいたら、冷蔵庫にメニューに載っていない酒もあるから、見て選んでみたらといわれる。楽しそうだったけど、時間も遅かったので次回にさせてもらうことに。
 また今度、日本酒好きの面子と行きたいものである。

|

« 【TRPG】 虹の水晶宮 最終回 | トップページ | 【雑談】 今日からTRPG合宿へ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170413/47152527

この記事へのトラックバック一覧です: 【食事】 おでんと蕎麦と牛すじと:

« 【TRPG】 虹の水晶宮 最終回 | トップページ | 【雑談】 今日からTRPG合宿へ »