« 【雑談】 神宮徴古館と神宮農業館 | トップページ | 【食事】 近畿旅行の戦利品 »

2011年6月23日 (木)

【食事】 名古屋で味噌カツ三昧

 近畿旅行記その18

 世話になったレンタカーを伊勢市の駅に乗り捨てて、近鉄山田線にて二時間弱かけて一気に名古屋まで。
 特急とかじゃないので、普通にいろんな人が乗ってくる。
 名古屋近くで、超ミニスーツのすごいエロいお姉さんが乗ってきた。フィクションでしかあんなスーツみたことないぜ。名古屋ではデフォなのか?

 あとは新幹線で帰るだけだが、その前にお疲れ様のビールを飲まねばなるまい。
 そうしたら、新幹線ではぐっすりという寸法よ。
 名古屋でビールを飲むとすれば、味噌カツをつまみにしたい。
 手っ取り早く駅ビル内にある、矢場とんへ。
Photo  見た目のボリュームから、わらじとんかつを注文。
 予想通り見た目は面積だけで、薄い肉をとんかつにしているのだが、それでもボリュームはたいしたものである。
 表面積が多いので、味噌をたっぷり身にまとうという効果もある。
 ついでに、ひれ串かつとどて煮も、つまみとして注文。
 最初のうちは、予想通りの甘い味噌味で満足の味。
 ガツガツと食べながら、ビールをゴクゴクと飲むのだが……だんだん、なにを食べても味噌の味しかしなくなり、キャベツの千切りが心のオアシスとなる。
 ちょっとやり過ぎた!
 孤独のグルメ的に言えば、「しまったなぁ。味が被ってしまったぞ」という状態。
 まあ、味噌カツ屋に来ているんだから、味噌味が被るのは当たり前とも言えるが。
 ビールのつまみにするつもりだったけど、やっぱりおかずだね。これって。

 つづく

|

« 【雑談】 神宮徴古館と神宮農業館 | トップページ | 【食事】 近畿旅行の戦利品 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170413/52024096

この記事へのトラックバック一覧です: 【食事】 名古屋で味噌カツ三昧:

« 【雑談】 神宮徴古館と神宮農業館 | トップページ | 【食事】 近畿旅行の戦利品 »