« 【雑談】 益田岩船と暗黒神話 | トップページ | 【雑談】 酒船石と三つ目がとおる »

2011年6月 1日 (水)

【雑談】 石舞台古墳と手塚治虫

 近畿旅行記その7

Photo  益田岩船に続いて、次は石舞台古墳へと移動。
 車で二十分もかからない。
 こちらは公園内にあるので、探すのもとても簡単。
 観光客も……二組ぐらいいた。

 益田岩船に比べたら段違いの知名度のある石舞台古墳だが、簡単に言ってしまえば古墳の玄室(遺体を入れる場所)がむき出しになってしまったもの。
Photo_2  なんでここまでむき出しになっているのかはさだかではないが、盗掘にあったとか、埋められた権力者に対する報復だとか、そんな感じらしい。
 石舞台古墳というと、思い出すのは「火の鳥 ヤマト編」ですな。
 そこでは突貫工事で古墳を作ったせいで、こんなふうになってしまったという解釈でした。
 また、「三つ目がとおる」では、写楽が石焼き芋を焼いたりしていたりと、手塚治虫に縁のPhoto_3 ある古墳でもあったりして。

 写真だと外からばかり撮影されているが、実は内部にも入れる。
 どちらかというと、内部から見たほうがインパクトが強い。
 本当に巨石の玄室といった感じ。
 大きな石に囲まれるのは、エジプトのピラミッドに入ったときにも似た、静寂というか、落ち着くというか……ともかく、そんな不思議な感じがする。
 お手軽に古墳の巨石玄室を見学するに良い観光スポットだろう。

 つづく

|

« 【雑談】 益田岩船と暗黒神話 | トップページ | 【雑談】 酒船石と三つ目がとおる »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170413/51829189

この記事へのトラックバック一覧です: 【雑談】 石舞台古墳と手塚治虫:

« 【雑談】 益田岩船と暗黒神話 | トップページ | 【雑談】 酒船石と三つ目がとおる »