« 【雑談】 日ノ岡古墳と月岡古墳と珍敷塚古墳 | トップページ | 【食事】 天領日田の羊羹と旅の道筋 »

2011年11月24日 (木)

【食事】 やなで鮎づくし

 九州あっちこっち紀行 その18

Photo  最終日、昼食はやなで鮎料理をいただく。
 やなというのは、川をせき止めるように大きなすのこを設置して、下りてくる川魚を根こそぎゲットするという漁。
 こんなことして川の魚が全滅しないのだろうかと不安になるが、同じ川にいくつもやながあるということは、実は根こそぎということはないのだろう。

Photo_2  焼き鮎、甘露煮、鮎飯、あとなぜか鯉こくなどなど。
 目の前を流れる川を眺めながら食べる塩焼きは格別である。
 さらに鮎寿司も追加注文。
 酢でしめた鮎で酢飯を巻いたものだが、見た目がなんかえぐい。
 鮎の目がすごい恨めしそうにこちらをにらんでいる。

Photo_3  最初は日本酒をもらっていたが、日当たりの良い席だったので無性にビールが飲みたくなる。
 しかも、川の対岸にはサッポロビールの工場が……きっと、工場直送の新鮮なビールに違いないと生ビールもいただく。
 ビール工場を眺めながらいただくビールも格別だ。

 お次は天領日田を案内してもらうよ。

|

« 【雑談】 日ノ岡古墳と月岡古墳と珍敷塚古墳 | トップページ | 【食事】 天領日田の羊羹と旅の道筋 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

 九州の鮎は東北の鮎と同じかしら?なんて素朴な疑問が、涎とともに出てきちゃいますね。鮎やイワナなら、アニサキスの恐怖とも、ビブリオとも縁がないですし~(笑)。
 やな場は、地元ではあまり聞かないけど、代わりに、栃木の鬼怒川水系(本流?)でやるのは知ってます。でも、川魚ならやっぱり虹鱒(heart)かなぁ~。

投稿: 這い寄る混沌 | 2011年11月25日 (金) 12時08分

 ニジマスも美味しいですよね。
 夏場、管理釣り場でさくっと釣って、その場で塩焼きにするのが好きです。
 ビールに良く合う。

投稿: 内山靖二郎 | 2011年11月25日 (金) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170413/53324520

この記事へのトラックバック一覧です: 【食事】 やなで鮎づくし:

« 【雑談】 日ノ岡古墳と月岡古墳と珍敷塚古墳 | トップページ | 【食事】 天領日田の羊羹と旅の道筋 »