« 【食事】 冨士御室浅間神社と富士吉田うどん | トップページ | 【雑談】 鳴沢氷穴と道の駅 »

2011年12月20日 (火)

【雑談】 道の駅近くの魔王天神社

 富士山ぐるりと紀行その4

 富士山のふもとにある道の駅「なるさわ」からちょっと歩いたところにある魔王天神社。
 富士講とは関係ない神社だと思うんだけど、名前がとても怪しげなので立ち寄ってみることにした。
 国道に面しておらず、車だとちょっとわかりづらい。
 地元の人に聞いて、ようやくわかった。
 鳴沢村教育委員会の看板によると、魔王の山をご神体にしているため本殿はないという。
Photo_3  魔王の山ってなに?
 目の前にある富士山じゃないの?
 すごく気になる。
 なお、地元では「オダイローサマ」と親しまれ、風の神でもあったとかなんとか。うーむ、風の神とか言われると、妙に怪しくていいですな。
 大六天魔王と関係しているんだろうね。

Photo_2  拝殿のほうは、思ったより手入れがされており、いまも地元のかたに大切にされているのがよくわかる。
 中には、魔除けの巨大なわらじも奉納されていて面白い。
 割と新しかったけど、毎年、新しいものが奉納されているのかな?

 社中には小太郎坊という小祠があって、すっかり錆びた鉄剣がむき出しのまま祭られている。
 なんか雰囲気があるな。

Photo  気になったのは境内のあちこちにぽつんと置かれているガラス玉。
 ビー玉ではなく、いびつなガラスの玉なのだ。
 たぶんお賽銭代わりに誰かが置いたモノなのだろうけど、それがあちこちに点在しているのを見かけると、なにか意味深なものを感じてしまう。うむむむ……?

 お次は鳴沢氷穴に行くよ。

|

« 【食事】 冨士御室浅間神社と富士吉田うどん | トップページ | 【雑談】 鳴沢氷穴と道の駅 »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170413/53529519

この記事へのトラックバック一覧です: 【雑談】 道の駅近くの魔王天神社:

« 【食事】 冨士御室浅間神社と富士吉田うどん | トップページ | 【雑談】 鳴沢氷穴と道の駅 »