« 【TRPG】 『クトゥルフ神話TRPGリプレイ るるいえばけーしょん』発売中 | トップページ | 【雑談】 胎内神社で木花咲耶姫と対面したかった »

2011年12月 7日 (水)

【TRPG】 『Role&Roll Vol.87』に記事を書きました

 12月10日発売の「Role&Roll Vol.87」に『クトゥルフ神話TRPG』の記事を書かせていただきましたよ。
 下記は公式サイトの紹介記事のコピペ。

---------------------------------

 今回はついに第3弾を迎えた「るるいえ」シリーズにちなみ、『クトゥルフ神話TRPG』でのキャンペーンの魅力を内山氏に語っていただいた。

---------------------------------

『るるいえばけーしょん』にてキャンペーンシナリオをプレイしたので、その魅力を語るといった内容です。
 まあ、コピペのとおりですな。
 近日発売の新ソースブック『クトゥルフ・ワールドツアー3』の情報も掲載されているかと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

|

« 【TRPG】 『クトゥルフ神話TRPGリプレイ るるいえばけーしょん』発売中 | トップページ | 【雑談】 胎内神社で木花咲耶姫と対面したかった »

TRPG」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
るるばけ、読ませてもらいました。今回も安定しておもしろかったです。

一案ではありますが。
学校や大規模施設など大勢の人が関係し、探索者以外にも容易に、しかもその道の専門家が入り込んでこれる、もしくは入り込んでこないのが不自然な状況での事件については、まさにその状況を「異常」にしてしまうという手が使えるかもしれません。
どういうことかというと、明らかに異常事態が起こっているのに、探索者たち以外はそれが異常だと認識していないパターンです。

たとえば、
常軌を逸する死体が発見された公園。しかし、その死体を調べる警官たちは、ただのホームレスの変死としか認識していない。その死体の異常性を指摘しても、「たしかにちょっと酷い死に方だね。かわいそうに」とぐらいにしか受け取ってくれない。しまいには探索者をおかしな(可哀想な人を見るような)目で見始める。
ひとクラス分が謎の失踪をした高校。しかし、校長は「大変不幸なことがありました」と、交通事故で生徒の一人が亡くなった程度の挨拶を朝礼でするだけ。周囲の生徒も寂しがってはいるが怖いとは思っていない。事務方も粛々とクラスの再編成を何の疑問も持たずに行っている。
突如町中に出現した謎の古代遺跡。しかし、住人は普段通りの生活を送っており、まるで無頓着。騒いでも、「昔からなかったっけ?」「バブルの頃のレジャー施設のなれの果てじゃなかったっけ?」と、あたりきな返事で特に追求する様子もなし。

と、異常事態の中で普通に過ごしているという異常、が使えるのではないかと思います。ポイントは、異常に全く気づいていないのではなく、異常をごく普通に受け入れてしまっているところです(そうでないと情報収集が出来ない)。だから、尋ねれば明らかに常軌を逸している事態について、ごく平然と自分の知っている事実を述べてくれるところです。


それと、探索者の引退についてですが、自分は「アリ」だと思います。
辰巳先生はまだ持ちそうですがw、正気度がはじめから低い、もしくは低くなりすぎてしまったキャラは、いわゆる「弱すぎるPC」に陥ると思うからです。
こういうPCがいる場合、生き延びることが前提だとひたすら保身に走り(これは間違いではなく、むしろ唯一正しい道だと言えます)、逆に死んでもいいという前提だと、とっとと殺して別PCを用意(ならば、はじめからそのPCでやればいいのに)という結論に達しかねないからです。逃げ道としては「どこまで生き残れるか試すようなシナリオ」という手もありますが、これはこれで具体的に起こすとなると難しそうです。あるいはパラノイアのように、何回死んだか(もとい死ななかったか)を競うゲームとか。
TRPGという「ゲーム」は、他のゲームと同じく、「うまくいくかどうかわからない部分やどう転がるかわからない選択を楽しむ」というところが多分にあり、「必ずうまくいく」も「十中八九失敗する」も結果が見えているので、ゲームへのモチベーションが低下してしまうと思うからです。特に、キャラの生死というゲーム参加にダイレクトに関わる部分に関してはよりいっそう。
もちろん、ならばどこで引退させるかは、また別の話になってきますが。


いろいろ好き勝手に持論を書いてしまいましたが、今後のTRPG生活(及び仕事)の一助になれば幸いです。

投稿: | 2011年12月 9日 (金) 22時04分

 ご意見ありがとうございます。
 今後の参考とさせていただきます。
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: 内山靖二郎 | 2011年12月11日 (日) 17時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170413/53427835

この記事へのトラックバック一覧です: 【TRPG】 『Role&Roll Vol.87』に記事を書きました:

« 【TRPG】 『クトゥルフ神話TRPGリプレイ るるいえばけーしょん』発売中 | トップページ | 【雑談】 胎内神社で木花咲耶姫と対面したかった »