« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月13日 (木)

【食事】 味噌おでんとどて煮とあんかけスパ

 名古屋の夜はつづく。

Photo_3  手羽先屋さんは、天むすでしめる。
 エビの天むすだったんだけど、これってしっぽを持って食べるときれいに食べられるんだな。ちい、おぼえた。

 そのあと、ホテルに戻り、ぷへーっと一時間ほど休憩しながら腹の具合を観察したところ、まだ行けると確信。
 ホテルの近くにある、味噌おでん屋さんへと向かう。
 ほとんどカウンターしかないお店だったが、ちょうど目の前に、味噌おでんの鍋が見える一等席につくことができた。
 座った途端、生キャベツとソースが出てくるのは、ここが串カツもやっているから。
 しかし、こちらのターゲットは味噌おでんである。
 とりあえず、盛り合わせと、どて煮、冷や酒を注文。
 名古屋らしい真っ赤な味噌ではない。ほかの味噌とブレンドしているのかも。
Photo_2  味噌でおでんを煮たら味が濃いのではと思っていたが、やや甘みはあるが、くどさはない。なかなかおいしい。
 そして、どて煮。
 こちらは大当たり。
 入った店にあったら、必ず注文するぐらいどて煮は好きであるが、ここのはトップクラスの味わい。素晴らしい。
 名古屋に来ることがあったら、もう一度食べたいね。

 そして、翌日。
Photo  名古屋メシの最後の〆は、名古屋駅の近くにあるあんかけスパゲティ屋さん。
 前に一度食べてファンになってしまった。
 極太でやわらかなパスタに、胡椒の強いあんが絡まるという、名古屋らしい濃い味わい。
 ビールが進む、進む!
 このあとは缶ビール片手に新幹線でうとうとしている間に品川に到着。

 いやはや、食って、ビールを飲んでばかりだったな。
 名古屋でお世話になったかたがた、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月12日 (水)

【食事】 名古屋テレビ塔と手羽先など

Photo_3  熱田神宮を参拝したあとは、ホテルでシャワーを浴びて、繁華街へと繰り出す。
 途中、名古屋テレビ塔を見つける。
 夕暮れ時に、ちょうどよいあんばいの色をしていたのだが、写真だとまったくその風合いが撮れていないな。がっかり。

 そして、伏見の手羽先屋さんへと。
 ちょっと歩いたので、座った瞬間にビールを注文。
 手羽先も来ていないというのに、砂に吸い込まれるようにビールがどこかに消えていく。不思議!
Photo_2  ようやく手羽先登場。
 甘口、ふつう、辛口の三種類を頼んだら、結構な量に。
 孤独のグルメ風に言えば「まいったな、手羽先がかぶっちゃったぞ……」状態。どう考えても自業自得。
 しかし、そんなこと考えたのは一瞬で、あっという間になくなっていく手羽先。
 辛口の胡椒が強くて、またもビールがどこかに消えていく。不思議!
 手羽先うまいよな~
 これとビールさえあれば、ずっと幸せな気分でいられる。

 どて煮のほうは、味噌味に深みがなくて、ちょいいまいちかな。

Photo  さらに名古屋名物として、味噌カツを注文。
 揚げたてさくさくのトンカツに、大胆に味噌がかけてある。たぶん市販のチューブ味噌だな。しかし、このやっつけ感がなんだか好ましい。味も想像通り。好きな味。

 まだ、名古屋の夜はつづくよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)

【食事】 宮きしめんと手羽先の自販機

Photo_3  イベントにお呼ばれして、名古屋に行くことに。
 そんなに時間がないので、手近なところで名物料理を食べ回ることにする。
 まず目についたのは、名鉄のホームにあった手羽先の自動販売機。これはギャグのつもりか?

Photo_2  続いて、桶狭間を巡る。
 まあ、ほとんど普通の公園みたいなものですな。
 もっと険しい谷間にあるイメージだったけど、いまみると普通の丘だったみたい。
 当時はもっとうっそうと木が茂っていて雰囲気は違うのだろう。

Photo  そのあと、熱田神宮に参拝。
 境内の中にある、宮きしめんをいただく。
 かなり汁が濃いめ。
 きしめんのほうも厚めで、歯ごたえが強い。でも、それが良い。

 それにしても、熱田神宮では鶏が放し飼いになっているのだけど、夕方、やけに景気よく鳴いていた。
 あれはいったいなんだったのだろうか……?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

【TRPG】 『クトゥルフ神話TRPGリプレイ るるいえばーすでい』近日発売

 おかげさまでご好評をいただいております『クトゥルフ神話TRPG』のリプレイ、るるいえシリーズの四冊目『るるいえばーすでい』が9月28日に発売予定です。
 骨董品店るるいえ堂に集まった、いつもの探索者たちが大活躍をします。
 下記は公式サイトから紹介文のコピペ。

---------------------------------
私は樋口さやか。御津門学園の二年生。

この世には、宇宙的恐怖という、みんなの知らないものがある。それはずっと昔から存在している。
るるいえ堂の古書の棚を見れば、そんな禁断の知識が記された魔道書と呼ばれる大昔の本が何冊も並んでいます。
なんだかじっとしていられず、私はカウンターから立ち上がると、そのうちの一冊を手に取ってみます。
タイトルは『屍食教典儀』という、英語で書かれたノート。私はおそるおそる、ページをめくってみます……。
さやかの誕生日を前に御津門学園で起こる怪事件、1930年代のるるいえ堂の開業にまつわる怪奇譚、辰巳邸で起こった惨劇をきっかけに開いた異界への扉……再び神話的怪事件に挑戦するさやかたちを描く、シリーズ4弾!3本の新リプレイ!
---------------------------------

 といった感じで、今回のテーマは「ばーすでい」です。
 いろいろな誕生日をネタにしたシナリオ三本をプレイしております。
 そして、表紙のさやかちゃんと睦ちゃんは、なんで昭和初期の服装をしているのか?
 それは本編をお楽しみに。

 みなさん、どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »