« 2014年6月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月28日 (金)

【TRPG】 「クトゥルフ神話TRPG リプレイ 御津門学園ゲーム部の冒涜的な活動」12月末に発売

 あっという間に11月が過ぎ去ろうとしていますね。

 さて、12月26日に「クトゥルフ神話TRPG リプレイ 御津門学園ゲーム部の冒涜的な活動」という新たなシリーズが発売されます。
 今度はファミ通文庫からで『クトゥルフ神話TRPG』初の文庫サイズのリプレイ。お手に取りやすい価格帯となっております。
 プレイヤーさんには、ライトノベル作家の築地俊彦先生、田口仙年堂先生、井上堅二先生をお招きして、「るるいえシリーズ」などとは違ったノリのプレイとにっておりますよ。
 どうぞよろしくお願いいたします。
 以下は、公式サイトのあらすじです。

-------------------------------------
ネット上でカルトな人気を誇ったゲーム『飢神』。
その制作者は、高校のゲーム部に所属する少年たちだった。
だが彼らが喧嘩別れし、一人が卒業した数ヶ月後――突然、中断したはずのゲームが更新を再開した。
しかもそのゲームをプレイすると、奇妙な出来事が身の回りで起こるようになるという。
部長の薫、その妹あいり、新入部員の正宗は、謎を解こうと行動を開始するが――!?
人気作家陣をプレイヤーに迎えた個性派『クトゥルフ神話TRPG』リプレイ登場!!
-------------------------------------

 さらに、12月26日には「るるいえシリーズ」の第七弾となる「クトゥルフ神話TRPGリプレイ るるいえがすらいと」も同日発売されます。
 発売されたばかりのラノベ「彼女が仲間になりたそうにこちらを見てる2」ともども、どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年11月21日 (金)

【TRPG】 「クトゥルフ神話TRPGリプレイ るるいえがすらいと」12月末に発売

 鍋がおいしい季節です。
 最近、つみれに凝っています。

 さて、12月26日に「クトゥルフ神話TRPGリプレイ るるいえがすらいと」が発売されます。
 タイトル通り、今回のテーマは19世紀末イギリスのソースブック「クトゥルフ神話TRPG クトゥルフ・バイ・ガスライト」ですぞ。
 以下は、公式サイトの紹介です。

-------------------------------------

19世紀のロンドンは、えんどう豆のスープのような濃い霧に包まれて――。
ここは1900年のロンドン。世界の中心地の一つであり、混沌に包まれた大都市だ。そこに美少女調査探偵が店番をする小道具店「るるいえ堂」があった?! テムズ川の川岸、ガス灯の明かりの影にうごめく陰謀とは?
舞台は変わって現代日本、佐々原がるるいえ堂から買って従妹にプレゼントしたアンティーク・レースをめぐり、「女帝」と呼ばれる年齢不詳の美しい女性と出会う。
二つの時代で並行して進む怪事件。そこにはある外なる神――アウター・ゴッド――の思惑があった! ソースブック『クトゥルフ神話TRPG クトゥルフ・バイ・ガスライト』を使い、時空を超えて展開するシリーズ第7弾!

-------------------------------------

 発売されたばかりのラノベ「彼女が仲間になりたそうにこちらを見てる2」ともども、どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月17日 (月)

【小説】 ライトノベル「彼女が仲間になりたそうにこちらを見ている2」近日発売です

 日々、寒さが厳しくなってきていますね。

 さて、11月25日にMF文庫Jからライトノベルの「彼女が仲間になりたそうにこちらを見ている2」が発売されます。
 下記は公式サイトからのあらすじです。

-------------------------------------
ゲーム由来の異能力者〈AP(アルタプレイヤー)〉が集うこの地“特区"は、年に一度のアルファトーナメントの開催を迎え、各代表のAPたちが集結していた。激闘の末トーナメントに出場することになった、覇鳥軍司チーム。
軍司の目的は、死んでしまった美優を取り戻すため、トーナメントに優勝し、すべての望みを叶える“アルタリアリティ"を手にすること。
だが、仲間の天衣と冬鹿にその目的を話せないまま、戦いに身を投じていた。
そして、そんな彼の元に届く「トーナメントを辞退しろ」というメールと、新たに仲間として登録された「黒兎」の名前――。
過去の因縁がすれ違う時、世界の真実を告げる物語が始まる――。次世代ゲーマーアクション第二弾!
-------------------------------------

 みなさん、どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年12月 »